top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヨーロッパの豊かさから分かる日本の人口「過密」と「減少」問題

幻冬舎ゴールドライフオンライン

×

本記事は、村野憲政氏の書籍『ヨーロッパ歴史訪問記』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

1998年12月18日 ヨーロッパ歴史訪問記中間総括(その2)

-ナショナリズム-

ここから先はイングランド中世国法刑法史がご専門の英米法担当の大学教授Iさんの専門ですが、イングランド議会制度、法律等が統治システムとして他の制度より普遍性、優越性があったのではないかというのが私見です(I教授は何かアイデアをお持ちでしょうか)。

地政学的には狭すぎず広すぎない英仏海峡のお陰で、イギリスがヨーロッパ列強のバトル・ロイヤルを勝ち抜けた面もあると思います。

Qさんの解説ではイギリスの外交政策の基本は「ヨーロッパ大陸に優越的なパワーを作らない」のだそうで、二正面作戦を展開せざるを得なかったドイツより海を隔てて高みの見物のできるイギリスの方が有利であったのは否めません。

広告の後にも続きます

その意味ではどの国、地域も辺境[1]国家、地域が有利になる法則みたいなものがあるようです。

イギリス以前のもう1つの世界帝国スペインはイギリスと共に辺境国家ですし、中世ドイツの2大パワー、ブランデンブルクもオーストリアも神聖ローマ帝国の辺境でしたし、モスクワ大公国もロシアの辺境だし、ロシア自体もヨーロッパの辺境です(アメリカ合衆国は言わずもがな)。

もう1つはパソコンのデファクト・スタンダードと同じで、先にマーケットを獲得した方が優位となる面があります。

その意味では英語なり他のアングロ・サクソン・システムは好むと好まざるにかかわらず世界標準である事実は否定しがたく今更文句をいうよりあっさり諦めて受け入れ利用するのが賢明です。となるとこれからますます狭くなる世界で生き残るためには英語が必要です。日本文化の独自性・特色は価値ありますが、オランダ等の小国で外国語普及率が高いのは聴衆が少ない母国語より英語の方が情報発信効果が高いからです。

長い目で見ると日本人も独自性を語るだけでなく英語で世界に発信すべきでしょう。

別に英語が言語的に優越性があるわけではないのですが、インターネットに流れる言語種別を見ても英語に収束しつつあり今や英語は言語の世界標準です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル