top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ぜひお嫁さんになりなさい」バス停で出会った老婆に突然すり寄られ…

幻冬舎ゴールドライフオンライン

×

※本記事は、森木れい氏の書籍『永遠の今』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

第四章 運命に導かれ

小さな宗教

大谷大学には宗教を勉強するために入学したはずだったのに、和辻哲郎の『古寺巡礼』を片手に、京都・奈良の寺々の仏像を見歩いたり、焼き物や絵を観ることに夢中になったりしていた。

『古寺巡礼』は、若い私にいにしえの都にどれほど美しいものが存在するかを教えてくれた。授業もよくさぼった。

朝起きて唐招提寺に行きたいと思えば、私の足は大学ではなく唐招提寺に向かっていた。雲一つない青空の中で眺めた、金堂と太い柱の列はかけがえのない思い出であり、秋篠寺で出会った伎芸天の目を見張る美しさも忘れられない。なぜか親鸞には心が向かなかった。

広告の後にも続きます

でも思い出は二つある。一つ目は、大学の階段の所で、『歎異抄』で有名な金子大栄先生とすれ違ったことがあった。

着物に袴姿で杖をつかれていたが、偉大な仏教学者が放たれる独特のオーラに目を見張ったことがあった。

二つ目は、京都市伏見区日野にある法界寺に阿弥陀如来坐像を見に行ったことがあった。

歴史家の研究によると、親鸞は藤原家の末流の日野有範の子どもとなっている。本尊は薬師如来(秘仏)である。秋の午後の時間、私は一人で庭の風情を楽しんだり、阿弥陀堂で過ごしたことがあった。

平安時代の定朝作の、宇治の平等院の阿弥陀如来も荘厳で、魅力にあふれた仏様でよく通ったが、さっぱりとした清楚な感じのする建物にも親しみを感じ、私は長い時間、のんびりと阿弥陀堂での時間を楽しんだ。

当時の日野は、『方丈記』の著者、鴨長明が日野山の草庵に住んでいたのを彷彿させるような心寂しい所で、京都市内に戻るには、一時間に一回程度のバスを利用するしかなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル