top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

セントレアの787見学施設、座れる展示品「エコノミークラスシート」登場

FlyTeam

×

セントレアの787見学施設、座れる展示品「エコノミークラスシート」登場

中部国際空港(セントレア)のボーイング787型初号機「ZA001」を中心とした施設「フライト・オブ・ドリームズ」に2022年8月8日、全日空(ANA)国内線に使用されているエコノミークラスシートが新たな展示品として加わりました。トヨタ紡織が製造したシートは実際に触ったり、着席できます。このシートは、ANAのボーイング787型機に搭載され、どのような体格の利用者でもフィットする形状の背もたれが特徴です。

フライト・オブ・ドリームズは昨年12月、小さな子どもたちから大人まで幅広い年齢層が楽しめる「フライトパーク」にリニューアルされています。試験飛行に使われた787が展示されており、そのコクピットも見学できる施設で、新明和工業から機体主翼部材、川崎重工とSUBARUから炭素繊維複合材の機体パネルなど、実際に使用されている部品が展示されています。

なお、フライトパークでは787初号機と一緒に記念撮影用の撮影台が設置されました。飛行機をバックに迫力ある写真を撮影でき、訪れた記念にもなります。

セントレア フライト・オブ・ドリームズに展示されている787「ZA001」

TOPICS

ジャンル