top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ガーシー議員、初登院せず…除名の可能性は?「焦点は秋の臨時国会だ」

ABEMA TIMES

×

 3日、臨時国会が開かれ、先月の参議院選挙で当選した新人議員らが続々と初登院した。

【映像】「ガーシー」と書かれた本会議場の“名札”(画像あり)※2:20ごろ〜

 一方で、姿を現さなかったのは、NHK党から初当選したガーシー議員だ。過去に詐欺疑惑が出ているガーシー議員は、現在中東ドバイにいるといい、3日の臨時国会にも姿を見せなかった。
 
 今後、ガーシー議員に辞任や除名を求める動きはあるのだろうか。永田町を取材してきたテレビ朝日政治部・野党担当の森本優記者はこう語る。

「国会の中で言うと、名前も本名である東谷義和(ひがしたによしかず)ではなく『ガーシー』で申請し、認められています。国会では登院時に議員がボタンを押すのですが、ボタンの名前はカタカナで『ガーシー』でした。また、本会議場での名札もガーシーで、議長も『ガーシー君』と呼んでいました。ちなみに過去には、アントニオ猪木さんも大橋巨泉さんも参議院議員を務めましたが、本名では活動していませんでした。ですので、前例はあります。今回は水道橋博士さんも『水道橋博士』という名前で許可が下りています」(以下、森本記者)

 実際にガーシー議員に割り当てられた議員会館の部屋に行ってきたという森本記者。

広告の後にも続きます

「議員会館の中は撮影禁止のためお見せできませんが、部屋前のネームプレートもしっかり『ガーシー』と表記されていました。また、ガーシー議員が割り当てられた部屋の前の持ち主は、今回の参院選で落選した立憲民主党の森ゆうこさんです。国会論戦で存在感を示したベテラン議員の部屋だったので、永田町ではちょっとした話題になっていました」

 依然として海外に身を寄せているガーシー議員。一般の参議院議員であれば、与えられる歳費は「月額129万4000円、調査研究広報滞在費(旧文通費)は月100万円で、約230万円が支払われる」という。

「他にも公設秘書の給料などが税金から支払われます。これに加えて、ボーナスもあり、実績で言うと、去年の冬のボーナスは約314万円、今年の夏のボーナスは約286万円です」

 ガーシー議員は、3日の臨時国会に登院しなかったが、実際に永田町ではどのように受け止められているのだろうか。

「ガーシー議員はUAE=アラブ首長国連邦に滞在しているため、国会を欠席するとして、海外渡航届を提出しています。ただ、参議院の議院運営委員会の理事会は、全会一致で『許可しない』と決定しています。帰国日が記載されていないことや『説明が不十分だ』などが理由です。さらに、ガーシー議員に対して、国会への出席を求めることで合意しています。政治家は、そもそも法律を作ることが仕事なので、国会にいない=法律を作らないことと受け止められるため、与野党から登院を求める声は高まっています」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル