top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初めての昼デート。待ち合わせ早々、彼女がバッグから取り出した“予想外のモノ”に、男は唖然とし…

東京カレンダー

×

初めての昼デート。待ち合わせ早々、彼女がバッグから取り出した“予想外のモノ”に、男は唖然とし…

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女9人の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

▶前回:深夜の西麻布で、ぼんやりと信号待ちをしていたら…。女がいきなり顔を引きつらせ、凍り付いたワケ



山中浩二、30歳。エリート商社マンの秘密


「ねぇ、いつ結婚してくれるの?」

六本木にある、タワーマンションの一室。僕の腕に絡みつきながら、恋人の葉子が甘い声で囁いた。

「あ、あぁ…。ちゃんと、考えてるからさ」

彼女は「煮え切らないなぁ」と言って背中を向け、いつものようにInstagramをチェックし始めた。

「今日のフレンチ美味しかったね!来週のデートはここ行きたい♡」

葉子のスマホ画面には『ガストロノミー ジョエル・ロブション』の前でポーズをとる、女性の写真が映し出されている。

「30歳までにロブションへ連れて行ってもらえたら、いい女なんだって~」

今年30歳になる彼女は、僕に抱きついて上目遣いでこちらを見つめてくる。

新卒で商社に入った僕。そこで受付嬢をしていた葉子は、自分にとって高嶺の花だった。仕事にかこつけて何度も食事へ誘ったが、彼女はなびかなかったのだ。

それなのに1年前、突然葉子のほうから連絡が来た。

葉子:浩二くん!エリア別営業成績、トップだったんでしょ?おめでとう~!

それから週末のデートを重ね、半年ほど前から付き合うことになったのだった。

「ねぇ、私の話聞いてる?まだ寝ないでよ!」

寝落ちしかけていた僕を、彼女が揺り起こしてくる。

「ごめん、疲れてて。ちょっと寝かせてくれないかな」

「…ひどい。昨日もすぐ寝ちゃったじゃん!」

葉子は立ち上がり、しなやかな身体をワンピースに通すと「もういい!別れる!」と叫んで、部屋を出て行ってしまった。

追いかけることは、しなかった。むしろどこかホッとしている自分がいる。ここ最近、彼女といると心が休まらないのだ。

しばらくして、葉子に謝罪のメッセージを打とうとスマホを開く。すると、ある女性から1通のLINEが届いていたことに気づいた。


亜美:今週の土曜日、代々木公園でピクニックしない?

LINEを送ってきていたのは、西麻布で12年ぶりの再会を果たした、高校時代の同級生・亜美だった。

「代々木公園でピクニックって…。相変わらず面白い奴だな」

思わず、笑みがこぼれる。そして僕は、亜美に思いを寄せていた高校時代のことを思い出したのだった。



山中浩二、18歳。親友の死と、コンプレックス


2010年9月。補習を終えた僕が教室に入ると、大和が窓側の席で村上春樹の『1Q84』を読んでいた。

「…進路決まってる奴は、気楽でいいよな」

トゲのある言葉がつい、口をついてしまう。

早稲田大学の指定校推薦。この枠を勝ち取るための校内選考に落ちたばかりの僕は、ひどくイライラしていた。…推薦枠を争い、選ばれたのは大和だったのだ。

そんな僕に申し訳なさそうにすることもなく、こんなことを言ってきた。

「なあ、千紘に聞いたんだけどさ。亜美の進学先、渋谷にある専門学校らしいよ」

当時、僕は亜美のことが密かに好きだった。僕は「へぇ」と平静を装ったが、大和はすべてを見透かしたように笑っている。

「告白しないの?」

「しないわ!するなら上京してから。…ってか、俺まだ進路も決まってないし。東京のことも全然わからんし」

「ふ〜ん」

大和はニヤニヤしながら、誰かにメールを打ち始めた。

「おい大和。お前、調子に乗りすぎじゃね?自分は進路決まったからって、俺の邪魔しないでほしいんだけど」

「えっ…?」

「お前がいなければ、俺は今頃…。ああ、顔見てるだけでイライラするし、俺の前から消えろよ!」

この言葉が現実となるなんて、そのときは思ってもみなかった。





その週の土曜日、15時。

「あ、浩二!こっちこっち!」

代々木公園の駅で、花柄のタイトスカートをはいた亜美がピョンピョンと飛び跳ねている。

「…ごめん、お待たせ」

先日、西麻布のバーで後悔をすべてさらけ出した僕は、なんだか亜美と顔を合わせるのが恥ずかしくなっていた。僕が12年前にしてしまったことを、彼女は静かに聞いてくれたのだ。

「大和が死ぬ直前、俺が一方的に暴言を吐いたんだ。だから12年前、アイツを死なせたのは自分なんじゃないか、って…」

「担任は『事故死だった』って、言ってたじゃん。浩二のせいでもないよ」

「でもさ、真相は明らかになってないじゃん。っていうか18にもなって、いきなり海に落ちるかな?

で、もしかして俺の言葉で自殺したんじゃないかと思ったら、怖くなって。思わず適当な理由でっちあげて、千紘のせいにしたんだ。最低だよな」

そう言って思わず涙をこぼしてしまった僕を、亜美は慰めてくれたのだった。


「こないだは、いきなり泣いたりしてごめん。…とりあえずお茶でも行く?」

亜美に涙を見せてしまったことが恥ずかしくて、無愛想な態度を取ってしまう。しかし、それを全く気にしていない様子の彼女。

そして唐突に、こんなことを言い出したのだ。

「私、麦茶持ってきてるから大丈夫!」

そうして大きなリュックサックから、コップ付きの水筒を取り出した。キュキュ、と懐かしい音とともにフタが開き、コップに麦茶を注ぎ始める。

「えっ、水筒って…。なんで持ち歩いてるんだよ」

「だってピクニックって言ったじゃん!」

そう言って亜美は、ベンチにお菓子やミカンを並べ始める。高校時代、机に駄菓子を並べて女子会を開いていた彼女の姿を、ふいに思い出した。

「ハハッ!変わらないなぁ、亜美は。上京してモデルになっても、ラウンジ嬢になっても」



この日、僕は代々木公園のベンチで亜美と空白の12年間を埋め合い、そして慰め合った。

商社で働き詰めだった僕の年収は1,200万円ほどあったが、30歳を過ぎてから、心身ともに疲弊しきっていること。恋人がいるけれど、うまくいっていないこと。

亜美はモデルの夢を諦め、孤独な東京での生活に疲れ、安住の地を求めていたこと。

2時間の間に僕たちはすっかり打ち解け、自然と笑顔になっていた。彼女と話しているだけで、心の奥底にあった深い悲しみが癒えていくような気がしたのだ。

そして亜美と解散した後、僕は急いで葉子に電話を掛けた。

「別れ話でしょ?私も浩二と別れたいと思ってたんだよね。バイバイ~」

…別れはあっけなかった。



それから半年後。僕は亜美と『ガストロノミー ジョエル・ロブション』にいた。

「俺と結婚してくれないか」

彼女がゆっくりと頷く。

僕は結婚を機に商社を辞め、愛媛にある父の会社を継ごうと決めた。元々友人同士だった僕たちの母は、まるで盆と正月がいっぺんに来たかのように、僕らの結婚を喜んだ。

「いい?私たちの出会いは、東京での同窓会。ラウンジで出会ったってことは絶対言っちゃダメだからね!」

これが、最近の亜美の口癖だ。彼女は結婚式の参加者リストを整理しながら、ポツリとこう言った。

「あっ、そうそう。…結婚式、千紘も呼んだの」



夏原千紘、30歳。12年前の親友から届いた、結婚式の招待状


亜美たちから届いた、結婚式の招待状。「参加」の文字に〇をつけた私は、本棚の奥にしまっていたガラケーを取り出す。

充電して電源を入れ、大和から届いた最後のメールを開いた。

—————————————————-

2010年 9月10日 17:49
From: 大和
Subject: Re: Re: Re:

浩二、上京したら亜美に告白するって!でもなんか悩んでるみたいだから、千紘がデコログに書いてた「上京したら行きたいところリスト」見せてもいい?

あと浩二が告白しようとしてること、絶対亜美に言っちゃダメだからね!





▶前回:深夜の西麻布で、ぼんやりと信号待ちをしていたら…。女がいきなり顔を引き攣らせ、凍り付いたワケ

▶1話目はこちら:交際2年目の彼氏がいる30歳女。プロポーズを期待していたのに…

▶Next:8月16日 火曜更新予定
ついに千紘は、結婚式で12年ぶりに浩二や亜美と再会することになり…


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル