top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Chilli Beans.、才能爆発の1stアルバムが導く人生の解放区ーー「ポップスに救われてきたので、自分たちもそういう居場所を作りたい」

SPICE

×

Chilli Beans. Maika 撮影=ヨシモリユウナ


昨年、一躍注目を浴びた「lemonade」から途切れることなく世に放ち続けた、どこかノスタルジーでポップな楽曲群で瞬く間に勢力を拡大。この1年で大躍進を遂げたMoto(Vo)、Maika(Ba.Vo)、Lily(Gt.Vo)によるスリーピースバンド、Chilli Beans.がキャリア初のフルアルバム『Chilli Beans.』を7月13日(水)にリリースした。さまざまなジャンルやトレンドをオリジナルになるまで煮詰める抜群のセンスとバランス感覚、全員がソングライティングを手掛ける底知れぬポテンシャルに打ちのめされる夢見心地の全14曲は、新たなポップアイコンの登場を大いに予感させる。この夏には念願の『SUMMER SONIC 2022』ほか各地のフェスに出演後、9月9日(金)には初のワンマンライブ『1st Oneman Live Chilli Beans. Room』を東京・LIQUIDROOM ebisuにて開催。そして、11月2日(水)大阪・BIGCATより初の全国ツアー『Hi, TOUR』もスタート。YUIや絢香、Vaundyらを輩出した音楽塾ヴォイスで運命的に出会い、2019年に結成以降の刺激しかないバンド人生を、メンバーを代表してMaikaが語るインタビュー。SNSをはじめ、どこもかしこも人の振り見て我が振り直す、つじつま合わせの世界線。そんな日常からの解放区たる、Chilli Beans.の音楽の内部構造とは?

Chilli Beans. Maika


盛りだくさんの1年で、バンドとしての在り方も変わってきた

――Maikaさんの単独インタビューはなかなか珍しいですよね。ここ1年は本当に怒濤というか、濃い時間だったんじゃないですか?

ちょっと不思議な感じです。本当に「怒濤」という言葉が一番フィットする盛りだくさんの1年で、バンドとしての在り方も変わってきたのかなと思っていて。元々はシンガーソングライターを目指していた3人が集まったのもあって探り探りだったのが、3人で1つの曲を作ることもどんどん板についてきた。自分たちなりのやり方を、少しずつ見つけられてるんじゃないかと思います。

――シンガーソングライターなんて基本的に我が強い人がやりそうなものなのに、それが3人も集まるとなると(笑)。

広告の後にも続きます

アハハ!(笑) ただ、私の場合はシンガーソングライターを目指してはいたんですけど、音楽塾ヴォイスに通う間にユニットとかコーラスグループもやってみて、ちょっとずつ誰かと一緒に音楽をするのは楽しいなと感じ始めていたので、バンドのお話をいただいたときは純粋にやってみたいなと。実際に今、全員で曲を作っていく中でも、自分の気持ちを素直に相手に伝えるのが得意ではなかった3人が、ちゃんと話し合うことを学んだというか(笑)。大事なことは事あるごとにしっかり話せるようになってから、曲作りもスムーズになったし、曲によって核となる部分を持ってくる人がバラバラでも、モニ(=Moto)が柔軟に対応してくれるので。自分の表現が抑圧されて窮屈に思うことも全然なくて、いつもありがたいなと思ってます。

――最初に「この3人でバンドをやってみたら?」と提案してくれた音楽塾ヴォイスの先生の見る目はすごいですよね。

本当に。「一週間ぐらい考えて、お風呂でひらめいちゃったんだよね。点と点が線でつながった」みたいなことをおっしゃっていました(笑)。

「しっくりこないとイヤ」という3人の頑固さが功を奏してる

Chilli Beans. Maika


――個人的に、今年上半期に聴いた楽曲の中でとりわけ衝撃を受けたのが、今回のアルバムにも収録されている「Vacance」で。YouTubeでランダム再生されたときに初めて聴いて、「何このバンド? え、Chilli Beans.!? こんな曲もあるんだ!」と驚いて。

ありがとうございます! 「Vacance」というところが何だかすごくうれしい!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル