top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ローソンの「冷やし麺」10種類を全部食べてみた! 他のコンビニに負けてないのはこの2つ!!

ロケットニュース24

×

ローソンの「冷やし麺」10種類を全部食べてみた! 他のコンビニに負けてないのはこの2つ!!

歴史的……と言っても過言ではないほど、かつてない暑さが続く日本列島。個人的に昔の話を持ち出すのはイヤなのだが、それでも言わせてもらおう。「昔はこんなに暑くなかった」と。というか、50年後の日本は大丈夫かよ?

それはさておき、こんなに暑いともはや頼れるのは「冷やし麺」しかない! というわけで短期集中連載「コンビニの冷やし麺全部食う」の第3回は街のほっとステーション『ローソン』が登場だ。

・ローソンでは10品を購入

お米も好きだけれど、麺はその10倍好き。特に冷やし麺は大好き! 元来、麺が伸びていく感覚が嫌いな私、P.K.サンジュンは筋金入りの “冷やし麺派” である。その昔、先輩に「ラーメンってしょせん70点満点の食べ物ですよね?」って言ったらブチギレられたなぁ……。

それはどうでもイイとして、この企画「コンビニの冷やし麺全部食う」は店頭に並んでいる全ての冷やし麺を購入し、片っ端から食べ比べるというもの。定番・季節商品・限定メニュー……などなど、全ての商品を先入観無しで味わってみたゾ。

今回ローソンで購入した冷やし麺は全部で10種類。正直に申し上げると「全体的にはセブンやファミマほどでもないかな~?」と感じたが、逆に2つの商品については「むしろ勝ってるかも」と思えた。果たしてその2つとは一体──。

・肉盛 冷し中華(497円)

広告の後にも続きます

タレはやや酸味が強く、全体的にサッパリとした味わい。肉はそれなりに多かったものの、食感要員がきゅうりしかなかったことはやや寂しかった。大きなマイナスもプラスも無い平均的な冷し中華である。普通にウマい。

・食物繊維が摂れる冷し担々麺(538円)

よく言えばバランスが良く、悪く言えばインパクトに欠ける。ゴマの風味が特別強いワケでもなければ、山椒がビシッと効いているワケでもない。普通に美味しい冷し担々麺ではあるが「ここが特徴的!」というポイントが見つからなかった。でもお上品な味ではある。

・肉盛 冷し醤油ラーメン(599円)

ラーメンの味自体は「平均的なコンビニの冷しラーメン」といった感じだが、肉の量はすごい! コンビニではあり得ないレベルでテンコ盛り!! これだけ大量の肉が入っていれば「それだけで満足ス」という方も少なくないことだろう。

一方で全体的な味がかなり平均的なので「もったいない」と感じたことも事実。とにかく肉の量がブチ抜けているため、改良を加えればローソンの名物になる……かもしれない。

・冷し汁なしトリプル肉そば(559円)

ニンニクのパンチ力が強烈で、インパクト自体はかなりある。……が、逆に “ニンニク頼み” になっている感も否めない。全然悪くないし普通に美味しいが、途中からやや単調な味に感じてしまった。肉は多くてヨロシ。

・中華蕎麦にし乃監修 かつお昆布だしの冷しまぜそば(538円)

お上品と言えばお上品だが、全体的に味がハッキリせず途中から「何を食べてるんだっけ?」とさ迷ってしまった。ボリュームの話ではなく、全体的に食べ応えや満足感には欠けるかも。

・らーめん信玄監修 冷し辛味噌ラーメン(559円)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル