top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渋谷注目クラブ「CLUB VIZEL」の夏休みが熱い! YOJI BIOMEHANIKAの看板イベント「SHIBUYA RAVE」開催に加えて「Axtone Records」の看板アーティストD.O.D&Tom Staarが同時来日

ガジェット通信

2022年、海外アーティストを迎え開催が期待されるフェスなどの先駆けとして、世界のスターを東京にリアル来日させ続けている渋谷の中心部に位置する注目のナイトクラブ「CLUB VIZEL」の8月のスケジュールから注目の公演が決定した。

行動制限のないこの夏は新しい生活様式のもと、とにかくスターDJの公演が待ち遠しい。アッパーなRaveを体感したい。そんな人々にとって見逃せないイベントがCLUB VIZELでは目白押しだ。まず8月10日(水・祝前日)には、Rave界のキングYOJI BIOMEHANIKA、REMO-CONらが出演する「SHIBUYA RAVE presents HARDEST」が開催。

そして8月13日(土)の夜にはCLUB VIZELの注目イベント「NEO TOKYO」が開催。スーパーDJのAxwell(アクスウェル)が主宰するレーベル「Axtone Records」の看板アーティストD.O.D&Tom Staar(ディー・オー・ディー&トム・スター)が来日するという。

NEO TOKYOは2022年4月開催の第1回目として、ビルボードTOP10を飾るTHOMAS GOLD(トーマス・ゴールド)を迎え、東京は渋谷の中心で約1000名の集客を記録してナイトライフの復活を祝った。第二回目の開催では世界の巨大フェスに出演経験を持つMAKJ(マックジェイ)の来日2公演を実施し、KSHMR(カシミア)とのコラボ曲「Bazaar」でお馴染みのMARNIK(マーニク)の来日公演を追加発表。

さらには世界中のトップDJたちからも注目を浴びるイタリアのデュオMerk&Kremont(メルク&クレモント)、7月にはDANNIC(ダニック)、HENRY FONG(ヘンリー・フォング)の来日公演も実施し、ダンスミュージックファン、クラバーたちの間ではざわつきが止まらない。

広告の後にも続きます

CLUB VIZELでは、イベントの予習をしてもらうべく、オフィシャルプレイリストをSpotifyで公開。当日をより楽しんで頂くためにもぜひ利用してほしい。

ティザー動画:https://youtu.be/EEccCbDOi1c

「SHIBUYA RAVE presents HARDEST」(8月10日(水・祝前日)開催)
VISELにて毎週金曜日に開催する看板イベント「SHIBUYA RAVE」。RAVEしたい、ハード系の音楽好きには絶大な人気を誇り開催されているこのイベントが、お盆にスペシャルアーティスト2名を迎えて、ハードダンス、トランス、サイケデリックトランスパーティ「HARDEST」として熱帯夜をぶっ飛ばす。

このスペシャルな夜には日本を代表するDJ/Producerの一人として世界に名を馳せるRave界のマエストロ、YOJI BIOMEHANIKA。伝説のハードダンス・パーティ「VIVA」の開催のみならず、欧米のダンスミュージックフェスティバルにも多数招聘されるアーティスト。

そしてもう一人は、「Cyber TRANCE」「HOUSE NATION」シリーズなど人気コンピレーションのミックスや、多数のアーティストへのリミックス/編曲参加など、幅広いコラボレーションを盛んに行っているREMO-CON。クラブDJとしては、2001年~06年まで「velfarre Cyber TRANCE」のレギュラーを務め、世界各国にてプレイし、オランダの「Dance Valley」や、国内フェス「サマーソニック」など大型フェスにも出演し、東京オリンピック2020の閉会式での編曲を担当するなど、グローバルな活動をしている曲者だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル