top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

#ババババンビ[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]余裕と貫禄を感じさせる硬軟緩急自在の怒涛のステージ

Pop’n’Roll

×

#ババババンビ[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]余裕と貫禄を感じさせる硬軟緩急自在の怒涛のステージ

<六本木アイドルフェスティバル2022>が、7月29日(金)、30日(土)、31日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。今年は3年ぶりに3デイズ開催となり、これからシーンを牽引していくであろうニューカマーから、長年活躍を続けるベテランまで、熱量の高いパフォーマンスをくり広げた。本記事では、7月30日に登場した#ババババンビのライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

取材:冬将軍

“令和の世に集いし運命を同じくせんと集し乙女たち……”

お馴染み、角田信朗の出囃子に導かれた7人。岸みゆが伸びやかな声で颯爽と歌い出すと軽快なビートが流れる。

“みなさん、私たち#ババババンビです! 今日は六本木アイドルフェスティバル、私たちと一緒に馬鹿騒ぎしていきましょー!!”

宇咲が高らかに声を上げると、自己紹介ソング「ばばばばんびずむ〜!」から#ババババンビの馬鹿騒ぎが始まる。小気味よいリズムに合わせて、右へ左へ横移動からの膝蹴りが炸裂するコミカルな振りでオーディエンスの熱を掌握すると、打って変わってキュートなポップチューン「恋のキャンディ」を続けざまに披露。7人の高速ダッシュがステージ横一列に並んだ。

かと思えば、和情緒な拍子と旋律に誘われるように「うましか超」へ。慌ただしい言葉運びとともにところ狭しと駆け回る7人。キュートにもコミカルにも振れる#ババババンビだからこそ為せるパフォーマンスで魅せていく。

《お待たせいたしました 第一試合、まもなく開始でございます》

小鳥遊るいのウグイス嬢風ナレーションで始まったのは「常勝MY GAME」。エッジィなエレクトロサウンドに合わせて硬派でダンサブルなステージを展開。水湊みお、岸みゆがバキッとラップボーカルをキメ込んで、“バッター池田くん”こと、池田メルダが豪快なボーカルを轟かせていく。キュート、コミカルに続いてシリアスなパフォーマンスでも魅了する#ババババンビの強さを思い知らされる。

言葉遊びが転がっていきながら、縦横無尽のステージングを見せるハッピーチューン「カノン」、そして迸る汗を拭う暇なく全力で歌い踊る7人を讃えるように、「とぅーまっそ」ではハイテンションなダンスに合わせてオーディエンスも《手をあげて 手を下げないで》と大きな振りで応えていく。そんな熱気を身体中に受けた岸みゆが渾身の力で“いい夢見ろよぉぉぉー!!”と歌い締めた。

“最後の曲です! みなさん、最後まで馬鹿騒ぎしていきましょう!”

近藤沙瑛子の煽りで始まったラストナンバー「なんてったって冒険中!」。巻き舌気味の岸みゆ、凛とした宇咲、クールな水湊、と歌い継いでいき、アラビアンな香りに魔王・吉沢朱音が乗ると爆発的なサビへ。ド派手なブラスのファンファーレアレンジが施された豪快なバンドサウンドに合わせて、ステージも客席も会場全体に上へ下へのジャンプの嵐が巻き起こった。

8月14日(日)は大阪・Zepp Namba(OSAKA)、そして10月21日(金)は東京・中野サンプラザでのグループ最大規模の単独公演を控えている彼女たち。そんなノリにノッっている余裕と貫禄を感じさせる硬軟緩急自在の怒涛の25分、圧巻のステージだった。

#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

広告の後にも続きます

岸みゆ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

水湊みお<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

吉沢朱音<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

小鳥遊るい<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

池田メルダ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

宇咲<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月30日)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル