top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ポケモンファンが「カントー地方」を紙のジオラマで完全再現 制作期間は約2年

おたくま経済新聞

×

 1996年の発売以来、世界中で愛されているゲーム「ポケットモンスター」。

 記念すべき第1作である「赤・緑」は、日本の関東一帯をモデルにした「カントー地方」が舞台となっていますが、これを紙のジオラマで完全再現した人物が現れました。

 2年を超える制作期間を経て爆誕した「ペーパークラフト・ポケモンマップ」には、Twitterを通じて世界中から称賛の声が寄せられています。

【元の記事はこちら】

 制作者は会社員のUMA(うま)さん。小学1年生の時にポケモンに出会い、「赤」を夢中でプレイしていました。

広告の後にも続きます

 しかしそんなUMA少年に、ある一つの疑問が浮かびました。それは「なぜ下から登ることが出来ないのだろう?」というもの。

 実はゲーム内には無数の「段差」が存在しており、主人公が徒歩で移動する際に、下ることが出来ても、登ることが出来ない仕様となっていました。それは途中で入手する「自転車」においても同様。「緑」プレイヤーだった当時小学生の筆者も、ゲーム画面を見ながら「なんでや……」と何度もつぶやいたものです。

 「『この段差を立体に起こすとどのような眺めになるのだろう?』という軽い気持ちがきっかけでしたね」

 時は流れ2020年6月。30歳になったUMAさんは、折しものコロナ禍により「おうち時間」が増加します。時間的余裕が生まれ、何かできることはないかと思案している時に浮かんだのが子どもの頃の「疑問」でした。

もともと工作好きなこともあり、「ポケモンマップ」制作を決意。画用紙等の「紙」を用いて、「カントー地方」の再現に挑みました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル