top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広田レオナ、コロナの症状で出てきた味覚・嗅覚障害「快方に向かってるとはいえない」

ABEMA TIMES

×

 女優の広田レオナが7日に自身のアメブロを更新。新型コロナウイルスの症状で出てきた味覚・嗅覚障害についてつづった。

【動画】コロナ対応最前線の医師に聞く“重症患者”の症状や治療は?

 この日、広田は「症状が出始めてから8日目」と切り出し「ご心配をかけて申し訳ないです」「熱は1度だけですが下がっています」と説明。「平熱が低いのでそれでもクラクラ」とつづり「血中酸素濃度は相変わらず安静時に94~95 2階から3階にゆっくり上がったり咳をすると80台に下がってしまいます」と現在の体調を明かした。

 続けて「一昨日、ヒロムくんが市村農園さんが送ってくれた大根と鶏肉で美味しそうな炒め煮を作ってくれました」と作ってもらった料理を公開。食べてみたところ味が薄かったといい「病み上がりなのに折角作ってくれたので美味しい美味しいと食べました」と述べつつ「その夜、ハーゲンダッツのイチゴアイスを食べたら…冷たいだけで味も匂いもない事に気がつきました」と味覚・嗅覚障害があることを明かした。

 さらに「これかーーー問題は私だったんだーーーー!!!」と味が薄いと感じたことに言及し「眩暈やら呼吸の苦しさで快方に向かってるとはいえないですが味覚嗅覚障害も増えるとは」と残念そうにコメント。「ダイエットになって良かったと思うことにしましょうか」「明日も頑張って療養します」とつづり、ブログを締めくくった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル