top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、相手投手と交錯するアクシデントで足負傷 直後の打席でも踏ん張れず三振に倒れる ファンも心配「めっちゃ痛そうやん!」「つらそう」

ABEMA TIMES

×

【MLB】マリナーズ-エンゼルス(8月7日・日本時間8日/シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場し、3回の第2打席は空振り三振に倒れた。この回の攻撃中、次打者が大谷という場面で送球カバーに入った相手投手に足を踏まれるアクシデントが起こり、大谷は足を痛めたよう。その後の打席でもしきりに足を痛そうにする仕草が見られた。

【映像】痛みに悶絶する大谷翔平

 3回、エンゼルスは先頭のゴスリンがヒットで出塁すると、1死二塁から1番ウォードがレフト前ヒットを放った。三塁で止まると思われたゴスリンだったが、三塁コーチャーが手を回しは果敢にホームへ。しかしあえなくホームタッチアウトとなり、得点することはできなかった。このシーンで、次打者だった大谷はゴスリンが三塁を回ったのを見ると、ゴスリンを見ながらホームから離れる動きをする。一方、マリナーズ先発のゴンザレスも悪送球に備えての送球カバー。どちらもお互いを見ていなかった両者が交錯。大谷は左足を踏まれ、ゴンサレスも転倒してしまった。

 大谷が足を痛めたためトレーナーが出てくるなど一時試合が中断するが、両者ともそのままプレー続行。しかし大谷は直後の打席でもしきりに痛そうに左足を引きずる素振りを見せると、スイングの際にも踏ん張ることができない様子。結局この打席空振り三振に倒れた。

広告の後にも続きます

 大谷のアクシデントにABEMAの視聴者からは「三塁コーチ意味わからん」「災難」「マジでありえないだろ全てが」「お互い見えてなかった」「骨折してない?」など心配するコメントが殺到。その後の打席での痛々しい姿にも「めっちゃ痛そうやん!」「つらそう」「大事とって交代したら」「休め」「休まないんだろうなぁどうせ」「これやばそう」「うーん。残念やけど、今日はもう無理すべきやないかな。。休んでください」とさすがに交代すべきという声が多く寄せられている。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル