top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『怪獣8号』ついにアニメ化決定! 制作会社やキャスト陣に高まる期待

Real Sound

×
『怪獣8号』(c)防衛隊第3部隊 (c)松本直也/集英社

 集英社による『少年ジャンプ+』(以降、ジャンプラ)の勢いが今、すごい。4月期にアニメが放送され、世界中で話題を呼んだ遠藤達哉原作の『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』に加え、水あさと原作の『阿波連さんははかれない』、田中靖規原作の『サマータイムレンダ』も映像化されたばかり。その間にも赤坂アカ×横槍メンゴによる『推しの子』が、昨年末には賀来ゆうじ原作の『地獄楽』のアニメ化が決定するなど、もはやジャンプラの話題作は全て映像化されるのではないかというくらいの勢いだ。

参考:『怪獣8号』アニメ化決定 オリジナルタイトルロゴ&壮大な戦いを予感させる特報映像も

 そして、ついにジャンプラにおいて中堅的な存在の大人気シリーズ『怪獣8号』のアニメ化が決定した。本作は、2020年7月3日より連載が開始された、松本直也原作のSFバトルアクション作品。主人公の日比野カフカは、“怪獣大国”日本に住みながら、子供の頃に幼なじみと交わした「怪獣を全滅させる」という約束を果たせないまま、怪獣死体解体業者として日々を過ごしていた。彼は何度も怪獣を討伐する防衛隊に入隊しようと試みていたが、受かることはなかった。しかし、ある日入隊の年齢制限が上がったことで、再び試験に挑もうとする。ところが、それと同時に謎の生物が口の中に入ったことで彼の身体は“怪獣化”し、変身できるようになってしまった、というのが本作のあらすじだ。

 ジャンプ作品としては、32歳のうだつのあがらない主人公像がかなり新鮮で、大人が再び過去の自分の約束を果たそうと“諦めかけた夢を追う”のが一つ大きな作品のテーマとして挙げられる。加えて、主人公を奮い立たせる解体業者の後輩であり新人・市川レノが、初めから唯一「怪獣8号」と命名されたカフカの正体を知る人物として彼をサポートするバディ要素も味わい深い。さらに主人公が幼き頃に「守る」と約束した幼なじみの亜白ミナが怪獣を討伐する日本防衛隊の第3部隊長としてすでに活躍しており、カフカが入隊後は上官という立場になるのも歯痒さがあって、ある意味大人の青春を感じさせられる。

 そんなふうに、さまざまな見どころが満載の本作は、まさにアニメ化されて当然の作品と言っても過言ではない。映像化される上で、「怪獣を倒す」という動的なアクション要素が光るからだ。もちろん、怪獣化した主人公の戦闘シーンはファンが最も期待したい部分である。くわえて原作漫画では、死骸の解体処理などの非戦闘シーンもスケールが大きく描かれていることから、これらも映像にするとますます見応えがあることだろう。さて、そこで問題になってくるのは、どのアニメ制作会社が本作を手がけるかだ。

広告の後にも続きます

 普通、アニメ化決定の際は声優が明かされなくても制作会社がセットで発表されるパターンが多い。その場合、スタジオのこれまでの実績や作品を考えながら、何となくアニメがどういった方向性の作品になるかが検討できるわけだが、『怪獣8号』に関してはここが一切明かされていない。公開されたPVやティザービジュアルにはキャラクターが一切登場せず、作品の世界観や雰囲気が味わえるようなものになっている。ある意味、制作会社を明かさずとも作れる工夫が見受けられるが、映像化が決定しているのにまだスタジオが決定していない、ということもあるのだろうか。あえて隠しているのであれば、その理由が気になってくる。

 やはり戦闘シーンを売りとするのであれば、白羽の矢が立ちそうな制作会社として一番に挙げられるのはMAPPAだ。『呪術廻戦』や『進撃の巨人 The Final Season』を手がけ、ジャンプラ作品といえばすでに『地獄楽』や『チェンソーマン』を手がけることが決定している。今、話題作を一番映像化している会社と言っても過言ではなく、特にその高い作画やバトルシーンの迫力、“動”の表現に定評があるため『怪獣8号』の作風はぴったりスタジオのカラーとマッチするだろう。しかし、抱えている作品が多く、多忙なことでも知られており、もし原作側が「映像化するならMAPPAがいい」ということで現在はスケジュールの空きを調整しているのであれば、アニメ化決定時点でまだ未発表にしておく点も何となく理解できる。

 他に動きの多い作画を得意とする制作会社で、候補として考えられるのは、WITSTUDIOやボンズだ。WITSTUDIOはCloverWorksとともに『SPY×FAMILY』を手がけたスタジオとして知られており、他には劇場公開も話題を呼んだ『バブル』、配信を控える新作『ムーンライズ』など、Netflixとの仕事を活発に行っている印象が強い。『怪獣8号』は海外でもかなり人気の高い作品のため、Netflixの世界同時配信を視野に入れるのであればかなり可能性は高いスタジオチョイスとも言える。ボンズも『僕のヒーローアカデミア』や『モブサイコ100』と、アクションが見どころかつ世界人気の高い作品を扱う制作会社であり、『怪獣8号』との親和性も高いと感じられる。

 他に気になるのは、やはりキャスト陣だろう。現段階で、すでに糸目&関西人キャラの保科宗四郎の声優予想に、『鬼灯の冷徹』の白澤や『BLEACH』の市丸ギンなどを演じてきた遊佐浩二の名が挙がっているが(解釈一致すぎる)、実際どうなるのだろうか。同じジャンプラ出身の『チェンソーマン』のアニメ版声優情報が1年半かけてようやく発表されたこともあり、『怪獣8号』に関しても気長に待ち望みたいところだ。(アナイス(ANAIS))

TOPICS

ジャンル