top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新ウマ娘・デアリングタクトも!トレーナーなら知っておきたい令和の「競馬黄金期」

インサイド

×

新ウマ娘・デアリングタクトも!トレーナーなら知っておきたい令和の「競馬黄金期」

今後『ウマ娘 プリティーダービー』に登場することが決定している競走馬・デアリングタクト。初となる現役競走馬からのウマ娘化ですが、競馬ファンの間では令和の「競馬黄金期」に活躍した名馬としても有名です。本稿では、その激動の時代を振り返ってみましょう。

2020年の競馬界はスター揃い
デアリングタクトは、2017年4月生まれの競走馬。2019年にデビューし、「2歳新馬戦」を勝利で飾ります。その後3歳を迎えると、同世代の牝馬の頂点を競う「桜花賞」、「優駿牝馬」(オークス)、「秋華賞」の牝馬三冠レースに出走し、見事に勝利を収めました。すなわち、史上6頭目となる三冠牝馬の誕生です。

実はこの時代、牡馬の3歳世代にも、ものすごい馬が登場していました。かの有名なディープインパクトの子、コントレイルです。

コントレイルもまた2020年に3歳を迎え、牡馬の頂点を競う「皐月賞」、「東京優駿」(日本ダービー)、「菊花賞」のクラシック三冠レースに出走。見事無敗で全勝し、史上8頭目の三冠馬となりました。

さらには同じ時代に、もう一頭の三冠馬としてアーモンドアイが存在したのが驚くべきところ。2015年に生まれ、2018年の牝馬三冠レースに全勝した三冠牝馬です。その後もGIレースで勝利を重ね、最終的にはJRA史上最多となる「国内外の芝GIで9勝」の大記録を打ち立てました。

かくして2020年は、競馬史でも類を見ない黄金時代に。その総決算とも言えるレースが、11月29日に東京競馬場で開催された「ジャパンカップ」でした。



伝説のワンツースリーフィニッシュ
2020年の「ジャパンカップ」にはなんとデアリングタクト、コントレイル、アーモンドアイの全員がそろい踏み。三冠馬の中での最強を決めるべく、激闘を繰り広げます。

レースの最終直線では、前目に付けたアーモンドアイがいち早く先頭に躍り出る展開。コントレイル、デアリングタクトの2頭も中団から鋭い切れ味を発揮し、先頭を狙いますが、惜しくも届かず。結果は1着が アーモンドアイ、2着にコントレイル、3着にデアリングタクト。三冠馬3頭がワンツースリーフィニッシュで力を見せつけるという、とんでもない決着となりました。

勝利したアーモンドアイは、この時5歳。「ジャパンカップ」を最後に引退することが発表されていましたが、見事に後輩の三冠馬たちを打ち破り、有終の美を飾りました。

ちなみにアーモンドアイが三冠牝馬に輝いた2018年は、奇遇にも『ウマ娘』アニメ1期が放送された年でもあります。令和の「競馬黄金期」が始まった年に、『ウマ娘』がブレイクに向かったと考えると、運命的なものを感じられるかもしれません。

将来、3頭の名馬が『ウマ娘』内で激闘を繰り広げてくれる日は来るのでしょうか。まずはデアリングタクトの実装を楽しみに待ちましょう!


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル