top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

グラビアからコスプレまで大活躍!抜群のプロポーションと美貌を持つ花宮いのりの魅力は前髪にあり?

インサイド

×

グラビアからコスプレまで大活躍!抜群のプロポーションと美貌を持つ花宮いのりの魅力は前髪にあり?

抜群のプロポーションでグラビアからコスプレまで美しい写真が注目を集める、日中ハーフのコスプレイヤー・花宮いのりさん。撮影会モデルやKindle写真集など、グラビアのイメージが強いと思いますが、実は公式コスプレイヤーとして引っ張りだこ。

最近だけでも、『放置少女~百花繚乱の萌姫たち~』や『Dead by Daylight Mobile』、『パズルガールズ』などの人気ゲームの公式コスプレをしています。今熱いコスプレイヤーの一人として、さらなる飛躍が期待される彼女の魅力はどこにあるのか、インタビューと写真を通してお届けします。

<花宮いのり/プロフィール>

社会人1年目の時に、『ラブライブ!サンシャイン!!』の津島善子でコスプレデビュー。毎週末コスプレイベントに通うように。コスプレ活動を始めてわずか3~4ヶ月で撮影会モデルとしてスカウトされ、そこで着用した版権なしのバニーガールの衣装をきっかけに、「こんな世界もあったんだ」とグラビアモデルの世界に飛び込んだ。現在は会社員として働きながらも週末にモデル活動をしている。

ファッション・グラビアモデルとしては、撮影会を中心にロリータ・ファッションのモデルや、Kindleでデジタル写真集『INORI花宮いのり1st e-book』を出版するなど精力的に活動。

コスプレイヤーとしては、『放置少女~百花繚乱の萌姫たち~』や『Dead by Daylight Mobile』、『パズルガールズ』などゲーム作品の公式コスプレイヤーとして活躍。

「コミックマーケット100」出演予定

1日目(8月13日)は、南2地区632『Project SYN/FELIDAE』企業ブースにてファッション・グラビアモデル。

2日目(8月14日)は、南1地区424『Engage Kiss』ブースにて、アヤノの公式コスプレイヤー。
平日は会社員、週末はコスプレイヤー、「前髪」が人気を運んでくれた?
――平日は会社員として働き、会社の許可をもらった上で週末はモデル活動をしていると聞きました。1週間のおおよそなスケジュールを教えてください。

花宮いのり:今は月曜日から木曜日の週4日間は会社員でお仕事して、金曜日は美容DAY、土日に撮影会や被写体のお仕事というスケジュール感で基本的には動いています!

平日に突発的に被写体のお仕事が入った時は、会社での仕事は休ませてもらって被写体のお仕事を優先しています!また、美容院、まつ毛パーマ、ネイルサロン、エステなどの諸々は、毎月必ず優先して行っています!

――いのりさんは、2021年初頭と比べてモデルとしてのニーズが高まり、活動が広がったとお見受けします。2021年に何か大きなきっかけがあったのでしょうか?

花宮いのり:おっしゃる通りで、わたしの中で2021年が大きな飛躍のきっかけになった年でした!以前よりも多くの人に写真を見てもらえるきっかけだと思っている出来事があって…それが前髪なんです(笑)。

――前髪!?

花宮いのり:実は韓国アイドルが大好きなことも影響し、最初の頃は前髪が無かったんです。だけど、思いきってイメチェンしようと髪型を変えてから、環境が一気に変わりました!SNSのフォロワーも一気に増え、セッション撮影会に出ることが多くなったり、グラビアのお仕事や公式のコスプレイヤーとしての活動の幅も広がったりました!

――活躍の場が増えたことで、モデル活動に打ち込む決意が固まりました?

花宮いのり:撮影会に参加した際に応援して下さる皆さんが、私の活躍を自分の事のように喜んで下さる姿を見てからですかね。私の中では、コスプレイヤーやグラビアのお仕事はずっと出来るものだと思っていないので、今のうちにやれること、やりたいことを全部やって、自分が行けるところまで行ってみたいと思って日々活動しています。

得意な表情やポージングはかっこいい、セクシー・・・でも可愛い系も大好き!
――現在は公式コスプレイヤーのお仕事が多い印象です。ご自身では、どこを評価してもらっていると感じますか?

花宮いのり:最近は有難いことに案件を頂くことが増えて本当に嬉しいです。ただ、わたし自身が誰かより飛び抜けていることはないと思っていて、身長や顔立ちがキャラにたまたま合っていたからなんじゃないかなと思っています。でも、キャスティングして下さった方に、「いのりさんのキャラクターの表現がすごく好き」とか、わたし自身の性格などを褒めて頂いた時はものすごく嬉しかったです!

――グラビア、ロリータ・ファッション、コスプレと、表現の振り幅がかなり広くなりますよね。大変じゃないですか?

花宮いのり:前髪がない時はかっこいい、セクシーといったイメージが強く、どうしてもそういう表現になることが多かったですが、前髪を切ってからはツインテールなど可愛い系の髪型に挑戦しても思っていたよりもしっくりきたんです!それから可愛い系のロリータ衣装もたくさん着るようになりました!

――そしたら、今のいのりさんが得意な表情やポージングは何でしょうか?または、ファンに求められている表現は?

花宮いのり:やっぱり、得意なのはクール、セクシー系の表現かもしれないです!でも、思いっきり笑った写真や可愛いさを表現することも大好きです!

わたしのファンの方は、特にスタイルが良く見える写真とかが好きなのかなあ?と勝手に思っています(笑)!

――いのりさんは、いつも撮影や仕事案件に真摯に取り組んでいるのが伺えます。一方で、まだ会社員として働いているので、時間が限られた中だと全てのオファーを受けられないと思います。どんな基準で仕事を受けているのでしょうか?

花宮いのり:コスプレやグラビアに関するお仕事は、基本的に受けるようにしています!とくにコスプレ案件は、クライアントさんがわたしに「このキャラクターをやってほしい!」とご依頼頂くことが多いので、それだけでもコスプレイヤーとしては、本当に本当に光栄なことです。なので、お断りすることはどうしてもスケジュールが合わない時以外はないですね!

あとは私の両親も私の活躍をいつも見て応援してくれているので、「こういうお仕事もらったよー!」と報告して喜んで貰えることも、モチベーションの一つですね!

一生できる仕事じゃないからこそ、モデルとして行けるところまで行きたい
――ちなみに、これまでで印象に残る撮影の思い出はありますか?

花宮いのり:もうこれは一生忘れないと思うんですけど、初めてコスプレ参加したイベントの時です(笑)!

今でも鮮明に覚えているんですが、一眼レフみたいに本格的なカメラを向けられることを、ほぼ経験したことなかったので、手は震えるし、手汗かくし、心臓はバクバクだし・・・という感じでした(笑)。もちろん、今はもうどんなカメラでもドンと来いです(笑)!

――優れた表現力を感じさせる、いのりさんにもそんな時代があったのですね。目標にしているモデルさんや、今後やってみたいお仕事はありますか?

花宮いのり:めちゃくちゃただの憧れなんですけど、「ヴィクトリアシークレット(※)」でモデルを務めているデボン・ウィンザーみたいなスタイルになることが目標です!

これからはもっともっと自分自身を磨いて、男性だけでなく女性にも支持される被写体になりたいです!たとえ、露出が多い衣装だったとしても、見た人の中で綺麗が先行する写真を撮りたいんです。

※米国発のファッションブランド

今後やってみたいお仕事は、グラビアだと少年誌に載ること、コスプレイヤーとしては大きなイベントにお呼ばれしたり、テレビ出演したりしたいです。あとは、YouTubeなどの動画にも挑戦して活動の幅を増やしていきたいと思っています!

――とにかく自分が行けるところまで、チャレンジして行きたいのが伝わりました。最後になりますが、今後の活動で宣伝したいことがあればお願いします。

花宮いのり:今ちょうど、『ロードモバイル』というスマホゲームで、「コスプレイヤー対抗戦」というイベントに参加しています!私を含めた出演者のコスプレイヤー5名がゲーム内でギルドを作り、ファンの方々と一緒にゲームをプレイして優勝を目指していきます!

より多くの方と一緒に頑張ることによって優勝に近づくので、ぜひ皆さんのお力を貸して頂きたいです!8月29日までイベント開催しているので、「協力してあげる!」という方は、私のTwitterの固定ツイートからご参加頂けたらとても嬉しいです!よろしくお願いします!

<いのりさんのSNS>

Twitter:@inori_0118

Instagram:hanamiyainori0118_official

ファンクラブ:いのりんふぉとくらぶ (花宮 いのり)

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル