top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マハラージャンという才能を楽しもう、渋谷を躍らせた初ワンマンをレポート

SPICE

×

マハラージャン


マハラージャン『レッツ・ターバン!』 2022.07.22(fri) LINE CUBE SHIBUYA

7月22日金曜日、LINE CUBE SHIBUYAでマハラージャンの初ワンマンライブ『レッツ・ターバン!』を観た。マハラージャンといえば「セーラ☆ムン太郎」などユーモラスな曲タイトルでひねりの効いたユニークな歌詞を歌いつつ、マニアックな音楽ファン気質丸出しのファンクでロックでポップな楽曲を次々と生み出して大注目を集める、メジャーデビュー2年目の新世代アーティストだ。謎のターバン姿にお洒落眼鏡、会社員やハガキ職人など過去の経歴も実に興味をそそる。未知との遭遇に期待ふくらむ満員の大観衆の前でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、一生一度の初ワンマンの幕が開く。

ステージを覆う紗幕が切って落とされ、ゴージャスな爆音とともにバンドメンバーが姿を現すスペクタクルな演出。最新アルバム『正気じゃいられない』のジャケットに登場するスーツとターバンで決めたマハラージャンが、ミニ拡声器を片手にアジテーターのごとく煽る、1曲目は「正気じゃいられない」。三管ホーンズを加えた想像以上に分厚く攻撃的なバンドサウンドに驚く間もなく、「次いくよ」から「僕のスピな人」へ、自らエレクトリックギターを弾きながらファンクでディスコでダンスな曲を次々と投下。さらに「示談」から「地獄Part2」へ、アッパーな曲をこれでもかと畳みかける怒涛のスタートダッシュ。初ワンマンらしい気負いと緊張感を漂わせつつ、歌もバンドサウンドもとことんストイックでストレート、遊びなしの全力投球がかっこいい。

マハラージャン


「みんなありがとう。今日は初のワンマンライブ。こんなにたくさん来てくれるとは思っていませんでした。何しゃべろうか考えてきたんですけど、忘れちゃったので。ちょっと振り返ってもいいですか?」

広告の後にも続きます

問わず語りに語りだす、2019年のインディーズデビュー当時のエピソード。下北沢のライブハウスで数人の観客を前にラジカセとギターだけで歌っていた日々を回想し、「それがどうですか。こんな大きいところでやらせてもらって」と胸を張る。ギター小川翔、キーボード皆川真人、ベースまきやまはる菜、ドラムス澤村一平(SANABAGUN.)のバンドを、「日本屈指のバンドです」と誇らしげに紹介する。ひとつの言葉、ひとつの仕草から夢を叶えた喜びが溢れ出す。一見クールなたたずまいに見えるマハラージャン、しっかりとはしゃいでいる。

さらに、会社員時代に『星野源のオールナイトニッポン』に投稿して最優秀ジングル賞に輝いた思い出の曲「ねぇ、ねぶって」を、「初めてバンドでやります!」と言葉をはずませる。「ねぇ、ねぶって」から「権力ちょうだい」へ、ばりばりとリードギターを弾きまくり、手拍子を求めながらファンキーなリズムに観客を乗せてゆく。変拍子乱れ打ちの「行列」では、ツワモノ揃いのバンドが一体となったグルーヴの凄みを見せつける。支えるというよりバチバチやりあう、全員の個性と主張が凄い。

初心にかえって、一人でやらせてもらっていいですか?――会社員でありながら音楽活動を始めた頃の思いを綴った自伝的な「空ノムコウ」は、アコースティックギター弾き語りでゆったりとしっとりと。キーボードとソプラノサックスを加えた「比べてもしょうがない」は、メロウなサウンドながら叫ぶようなハイトーンで強い思いを込めて。さらにバンド全員で奏でる「eden」は、分厚いバンドサウンドと繊細なファルセットボイスの組み合わせで情感豊かに。ファンク、ダンス、ロックのイメージが強いマハラージャンだがその内側には豊かな音楽性が秘められている。ライブで体感するとその幅広さがよくわかる。

マハラージャン


サックスの竹上良成率いるホーン隊が再び合流し、強靭でねばっこいファンクロック「鼻の奥に米がいる状態」から再びアップテンポに転じ、グランジロックの色濃い「先に言ってほしかった」から、強力なワングルーヴで突っ走るハードなファンクチューン「いうぞ」へ。ここまでくればやりたい放題で、「踊りまくるぜ!」と観客を煽りながら、「君の歯ブラシ」「その気にさせないで」と、アルバム『正気じゃいられない』からライブ映えするアップチューンを立て続けに投下。観客は全員お揃いの手振りで大盛り上がりだ。音だけで勝負するギミックなしのライブを十分に楽しんでいる。

「え、ベースがいない? この中にどなたか、ベースを弾ける方はいらっしゃいますか?」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル