top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

矢部美穂イジメ体験告白「ラジオだけが私を人間扱いしてくれた」

女性自身

×

矢部美穂イジメ体験告白「ラジオだけが私を人間扱いしてくれた」

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、大好きだったアイドルの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

 

「今も、ハーフアップのサイドを流すヘアスタイルにしています。ネットでは『矢部美穂の髪形は昭和っぽい』なんて悪口を書かれたりしますが(笑)、私は大好き。昔から“ミポリンの顔になりたい”と思って、ヘアスタイルの研究も重ねてきたんです」

 

こう語るのは、タレントの矢部美穂(45)。芸能人で誰が好き? と聞かれると、即座に中山美穂と答えるほどだ。

広告の後にも続きます

 

「もともとアイドルオタクなんです。キョンキョン(小泉今日子)さんや南野陽子さん、のりピー(酒井法子)さん、工藤静香さん、男性アイドルでは忍者を筆頭にジャニーズも大好き。『ミュージックステーション』(’86年~・テレビ朝日系)も欠かさず見ていたし、光GENJIを応援するため、『ザ・ベストテン』(’78~’89年・TBS系)宛に『剣の舞』(’88年)のリクエストはがきを50枚も送ったりしていました」

 

北海道恵庭市に育ち、アイドル情報のほとんどはテレビや雑誌、ラジオから得ていた。

 

「北海道にアイドルが来る機会は少なく、まだ幼くてお金もなかったからコンサートに行くこともできなくて……。雪まつりやデパートの屋上にアイドルが来たときに、一人で見に行ったことも」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル