top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アニメ「宝石の国」にハマって人生激変 宝石研磨VTuberに話しをきく

おたくま経済新聞

 たとえば、水晶の内部にガーネット(ざくろ石)を内含(インクルージョン)したガーネットインクォーツ。これは角形のラペルピン(ジャケットのフラワーボタンにつけるアクセサリー)に加工されました。

 石の中に苔が生えたような姿が特徴のモスアゲート(苔メノウ)。こちらは内含している苔状の鉱物を景色として楽しんでもらおうと、丸く滑らかに研磨して指輪に仕立てられました。

 原石を見ると、メノウらしく様々な色の鉱物が縞模様を作る中、内含した鉱物が苔状に張り込んでおり、まるで熟成されたブルーチーズのよう。どの部分を切り出し、加工するかというのもセンスが問われそうです。

広告の後にも続きます

 同じく、メノウにほかの鉱物が入り込み、シダの歯のような模様を作るデンドリティックアゲート(樹枝メノウ)というものもあります。模様は非常に薄い層になっているそうで、それをいかして薄くカットしたような形で加工されることが多いのだとか。

 ごももさんは原石の形を極力変えず、あえて表面を磨いただけのバロック(いびつ)な感じのペンダントヘッドにしました。革ひもとの取り合わせがぴったりですね。

 ごももさんが研磨するのは宝石だけとは限りません。身近なお酒などのガラス瓶を素材に、宝石のように研磨していく動画もYouTubeにアップしています。ガラスと分かっていても、美しくカットされると素敵ですね。

 こちらでは、ごももさんのキャラクター(赤い髪に青い瞳)を模してジュエリーデザインした方がいらしたそうで、それを赤いビー玉で作ったという「ごももカット」がお気に入りとのこと。

 赤いビー玉は、透明ガラスの上に色ガラスをかぶせた構造になっていることがあり、ごももさんも研磨しているうち、透明な層が出てきてびっくりしたんだとか。仕上がりを見ると、透明な周囲を彩るように赤が残っており、赤だけよりも神秘的な色合いになっています。

 「原石から磨くと、透明感や発色が良くなるので、そこの変化が好きですね」とごももさんは魅力を語ります。一方、固い石を削るだけに力もかかるようで「宝石を固定する接着剤がすぐに取れてしまうのが難点」なのだとか。体力的にも、あまりまとまった数を作れないそうです。

 ごももさんは研磨動画をYouTube「ごももの宝石の部屋」にアップしているほか、研磨したものをアクセサリーにし、BOOOTHで販売しています。新作の動画についてうかがうと「鰹節をブリリアントカットして味噌汁の出汁にする動画を公開予定です」とのこと。美しくなった鰹節が美味しい味噌汁になるまで……これは楽しみですね。

<記事化協力>
ごももさん(@gomomomomomomo)

(咲村珠樹)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル