top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“驚異の男”マルチネスが独自のPFPで1位に選んだのは? 猛者たちと並べて井上尚弥を「信じられない存在だ」と称賛!

THE DIGEST

×

“驚異の男”マルチネスが独自のPFPで1位に選んだのは? 猛者たちと並べて井上尚弥を「信じられない存在だ」と称賛!

 強者がひしめき合う現在のボクシング界。そのなかで度々、各メディアの話題に上がるのが、階級を度外視した格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」だ。

【動画】ドネアを渾身の左フックで撃破! 世界が驚いた井上の“KOシーン”をチェック

 現地時間8月5日、メキシコの専門メディア『Izquierdazo』は、「ウシク、カネロ、フューリー、イノウエ?」と見出しに綴り、スーパーウェルター、ミドル級の元世界王者セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)が、PFPについて私見を述べたYouTubeチャンネル『losimplenovale』でのコメントを取り上げている。

 各メディアから定期的に発信されるこのPFPだが、今回、マルチネスの独自選出で1位に挙げられているのが、WBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)だ。インタビュー内では、「私は彼のことが好きだ。彼こそPFPの1位だと思う」と太鼓判が押された。
  さらに、“マラビージャ(驚異の男)”のニックネームで知られる47歳は、ボクシング界で注目を集めるウシク以外の猛者たちにも注目。そのなかでは、WBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の存在も触れられており、それぞれ次のように称賛の言葉が送られている。

「タイソン・フューリーも残忍で迫力がある。ガーボンタ・デービスはまるで別の惑星から来たみたいだし、(テレンス・)クロフォード(ともに米国)はほぼ完璧だ。ナオヤ・イノウエも信じられない存在に見える。彼らは素晴らしい。カネロ・アルバレス(メキシコ)は前回こそ負けてしまったが、偉大なチャンピオンだ」

 米老舗専門誌『The Ring』のPFPでは、日本人史上初の1位に選出された井上。年内には、WBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国)との同級4団体統一戦が予想されており、世界的に声価を高め続ける“モンスター”から引き続き目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】井上尚弥vsフルトンの決着は? 米識者が“モンスター”の将来的な挑戦を分析「凄まじいパワーが階級を上げてどうなるか」

【関連記事】カシメロは「魅力がない」と糾弾! 英誌が井上尚弥を“倒す可能性がある5人”を分析。「リスクを冒す価値がある」相手とは?

【関連記事】井上尚弥の次なる“野望”をWBC会長もプッシュ! ドネア戦の圧巻パフォーマンスは絶賛「すべてが正確でマシーンのようだった」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル