top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラトビア戦への意気込みを語った宮澤夕貴「仲間のシュートをクリエイトするのも自分の役割」

バスケットボールキング

ラトビア戦への意気込みを語った宮澤夕貴「仲間のシュートをクリエイトするのも自分の役割」

 8月4日、「三井不動産カップ2022(宮城大会)」に向けて強化合宿を行っている女子日本代表(FIBAランキング8位)の宮澤夕貴(富士通レッドウェーブ)がオンライン会見に応じた。

 8月11日、12日に開催される三井不動産カップでは、FIBAランキン24位のラトビア代表とゼビオアリーナ仙台で対戦する。

 6月に行われた「三井不動産カップ2022(千葉大会)」ではトルコ代表と対戦し、2連勝を収めた日本。「だいぶ恩塚(亨ヘッドコーチ)さんのバスケットとシステムに慣れてきた」と語る宮澤は、「シュートチャンスを見つけて打っていくのと、仲間のシュートをクリエイトすることも自分の役割なので、そこを早く判断できるようにやっていきたいです」と今回のラトビア戦に向けて意気込んだ。

 9月22日からオーストラリアで開催される「FIBAワールドカップ2022」に向けて強化を行なっている女子日本代表。日本の武器である3ポイントシュートについては、「トランジションの早い展開の中で、相手のチェックが来てもシュートを打ち切ることを練習に取り入れて、確率も上がってきています。個人練習も多くするなど、シュートを確率良く決められるようにチームで取り組んでいます」と語った。

 昨シーズンのWリーグよりENEOSサンフラワーズから富士通へと活躍の場を移した宮澤だが、「富士通に入ってから4番ポジションでプレーすることがほとんどで、インサイドプレーをやってきました。恩塚さんのバスケットでは相手がスイッチしたときに自分が中で攻めることもあるので、それは生きてるなと思います」と移籍による変化について語った。

広告の後にも続きます

 また、富士通のBTテーブスHCと恩塚HCのバスケットには「似ている部分がある」と話す宮澤は、「チャンスをクリエイトするのがすぐ判断できるようになっているので、そこは富士通でやってて良かった点です」と語り、新天地で過ごしたシーズンは代表でのプレーにもいい影響を与えているようだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル