top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

叩く力のロスをなくすダウン時の右肩の動きとは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

ラブすぽ

叩く力のロスをなくすダウン時の右肩の動きとは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

胸の高さは変えずに右ワキ腹を縮める!

●カカトを上げながら右肩を少し下げる
ダウンスウィングの最初の動きとして右足でヒザ蹴りをする際、もう一つ大切なことがあります。

それは、身体の軸の傾きを変えないこと。右足で地面を蹴った結果、軸が左に倒れるようでは、力が逃げてしまいます。

これを防ぐため、胸の中心部の高さが変わらないように注意してください。

具体的な動きとしては、右肩を少し下げつつ、右足のツマ先をギュッと踏んで右カカトを浮かせます。下半身では下から上へ、上半身では上から下へと力を出し、両方の力を逃がさずインパクトへ向けていくわけです。

右肩を下げながら右カカトを上げれば、身体の右サイドが縮まった形になることもポイントです。

広告の後にも続きます

また、右足を蹴る動作は、右太モモの筋肉を使うことが大事です。

右足を蹴った状態で、右足の太モモの筋肉が硬くなっているかチェックしてみてください。

【かっ飛び!Point】
右カカトを上げながら右肩を少し下げ、胸の中心部分の高さを変えないようにすること。大きな力で叩くために必須です。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル