top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

名塚佳織が号泣 田中真弓や池田秀一から労いの言葉「こんなに幸せなことはない」

シネマトゥデイ

感極まって号泣する名塚佳織

 声優の名塚佳織が6日、丸の内TOEIにて行われた映画『ONE PIECE FILM RED』(公開中)初日舞台あいさつに出席。本作でシャンクスの娘となるヒロイン・ウタを演じた名塚に、ルフィ役の田中真弓、シャンクス役の池田秀一から労いの言葉がかけられると、名塚は感極まって号泣するシーンもみられた。イベントには谷口悟朗監督も登壇した。

 本作は、1997年に週刊少年ジャンプにて連載がスタートした尾田栄一郎の人気コミックをアニメ化した作品の劇場版。映画オリジナルキャラクターとなる歌姫・ウタをめぐる物語が展開する。

 シャンクスの娘・ウタというオリジナルキャラクターの声を担当した名塚。「役をいただいたときは、びっくりしすぎて頭のなかが真っ白になってしまい、嬉しさよりもしっかりやらなければという気持ちでいっぱいでした」と当時を振り返ると「いまこうして初日の舞台に立って、ようやくホッとした気持ちで嬉しさがこみあげてきました」と感想を述べる。

 そんな名塚に谷口監督は「ウタはルフィたち麦わらの一味と、シャンクスの赤髪海賊団の両方の立場の中間に立たなくてはいけない相当な難役。信頼の置ける人じゃないとお願いできなかった」と作品にとって非常に重要な役であったことを明かし、名塚に対して「しっかりと答えていただけて感謝しかありません」と労をねぎらう。さらに名塚と共に歌唱キャストとしてウタを作り上げたAdoから「名塚さんと共にウタを作り上げられた経験は一生の宝物です」と音声メッセージが届くと、名塚も「彼女と一緒にウタを作り上げられて嬉しかった」と感謝を述べていた。

 イベント後半には、名塚演じるウタの父親・シャンクスの声を担当する池田が、サプライズで紅白100本のバラの花束を名塚にプレゼントする場面も。池田は「ウタ、お前はやっぱり最高の娘だ。ありがとう、素敵でした」とコメントすると、驚いた表情を見せた名塚は感極まって涙を流す。続けて田中も「ウタ、名塚、努力が報われてよかったな」と言葉をかけると、さらに号泣する名塚。

広告の後にも続きます

 共演者からの温かい言葉に名塚は「(ウタ役に)合格したときのように言葉が出ません」と言葉に詰まりつつも「こんなに幸せなことはありません。この場に立てたのはスタッフやキャストの皆さんが優しく声を掛けてくださったからです」と懸命にコメント。さらに名塚は「この役をやらせていただけると決まった瞬間から、毎日が楽しかった。合格発表をいただいたあとに出産をしたのですが、その後、いろいろなことに頑張ろうと思えたのは、この作品に参加できるからと思えたからです」と公私ともに本作が心の支えになっていたことを明かしていた。(磯部正和)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル