top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ユニットコント、サッカー対決、歌合戦…夏の風物詩「マンゲキサマーフェス」で7時間半ガチンコ対決!

FANY Magazine

マンゲキメンバーが勢ぞろいの恒例の夏フェス『マンゲキサマーフェス2022』が、今年も大阪・よしもと漫才劇場と森ノ宮よしもと漫才劇場の2会場で開催されました。今回、MCを務めたのは、ロングコートダディ(堂前透、兎)とニッポンの社長(辻、ケツ)。マンゲキ芸人たちは、事前にドラフト会議で決定した「堂前軍団」「辻軍団」「兎・ケツ軍団」に分かれて、ネタ、歌、ダンス、スポーツなどで、およそ7時間半のガチンコ対決を展開! その中から、イチオシの見どころをレポートします。

出典: FANY マガジン

7月23日(土)に開催された今回のイベントは、『マンゲキサマーフェス2022 おもしろ三国志〜ロコディ・ニッ社がまさかの三つ巴!? ぼちぼち大阪夏の陣〜』と題して3つの軍団が対決。勝った軍団は賞金「100万円」を山分け! 一方、最下位の軍団には「激苦ドリンク」という罰ゲームが待ち受けているだけに、力が入ります。また、このイベントの裏では、YouTubeチャンネルで3軍団に分かれて対戦するゲーム実況配信も行われました。

ニゲルべ・つーことkento fukayaの仲がよすぎる!?

オープニングセレモニーの独唱を務めたのは隣人・橋本市民球場。TUBEの名曲『あー夏休み』をおごそかに歌い上げて、戦いのスタートです。

まずはフェス恒例の「目指せ!天下一!やりたいことGP」。各軍団の選ばれし芸人が、この夏フェスでどうしてもやりたいことで対戦します。

出典: FANY マガジン

まず「特技ブロック」では、英語堪能なポートワシントン・笠谷翔平による「他人のギャグを英語でカバーしたい」や、タナからイケダ・田邊孟徳の「高速窓拭き」などマニアックな特技が続々。

広告の後にも続きます

「楽屋ノリブロック」では、ふだん舞台上ではできない“楽屋ノリ”を特別に披露。ニゲルベ・つーこがkento fukayaとノリで仲良しぶりを見せつけるなど、ハイレベルな戦いに!

「ただただやりたいブロック」では、吉田たち・こうへいが「芸名付けてるけど本名そんな感じなんや選手権」として、もも・せめる。の本名を表彰。ほかにも「ショート怪談ブロック」や「はずれコンパブロック」で、マンゲキ芸人たちは、ここぞとばかりにやりたいことをぶつけます。

出典: FANY マガジン

軍団の個性がにじみ出るユニットコント対決

注目企画の「今宵限りの夢の競演!ユニットコントバトル」も、見応え抜群。精鋭たちがしのぎを削るコントバトルのトップバッターは堂前軍団です。

【堂前軍団】
ロングコートダディ・堂前、マイスイートメモリーズ・花谷豊、なにわスワンキーズ・仲西隼平、イチオク・タケヤ、丸亀じゃんご・北村敏輝、ダブルヒガシ・大東翔生、チェリー大作戦・宗安、天才ピアニスト(竹内知咲、ますみ)、タチマチ・胡内佑介、タイムキーパー・安土範彦

総勢11人による病院の待合室を舞台にしたコントは、「虹」というタイトル通り「七色のツッコミ」が見どころで、コントの最後の花谷による40秒にわたるボケは圧巻でした。

出典: FANY マガジン

【兎・ケツ軍団】
ロングコートダディ・兎、ニッポンの社長・ケツ、ヘッドライト・和田友徳、ツートライブ・たかのり、ニゲルべ・つーこ、マユリカ・阪本、紅しょうが・稲田美紀、cacao・浦田スターク、ヘンダーソン・子安裕樹

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル