top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『フジロック』、6万9000人が来場し大盛況で終了

SPICE


7月29・30・31日に新潟県湯沢町苗場スキー場にて『FUJI ROCK FESTIVAL'22』(以下、フジロック)が開催された。

8月2日の公式発表によると、7月28日(木)の前夜祭が1万人、29日(金)が1万8000 人、30日(土)が2万1000 人、31日(日)が2万人、のべ4日間で6万9000人が来場し、一部プログラムを変更して開催したが出演者の協力もあり無事終了。第7波による影響があるなか、感染防止対策ガイドラインを守り協力した出演者、スタッフ、来場者に感謝の意を表した。


 


 


 

広告の後にも続きます


 

開催期間中の天候は、初日は猛暑かと思えば小雨がパラついたりと山特有の天気だったが、4日間通して概ね良好で、まとまった雨は最終日のヘッドライナー後のみ降られた程度。日中は日差しの厳しさもあったが歴代『フジロック』の中では久しぶりに過ごしやすかった。

来場者は会場内に設置された手洗いや消毒の場を積極的に活用し、人が交差する場でのマスク着用は守られ、ひどい酔っ払いや大騒ぎをするような人に遭遇することはなかった。昨年のような異常な緊張感はなく、感染防止対策ガイドラインに則った行動をしながらもリラックスした様子で思い思いに楽しむ姿が印象的だった。ファミリーでの参加者も年々増加の傾向にあるが、元々『フジロック』はひとりで参加する人が多いフェス。とりわけ今年はひとりで参加(または行動)している人の多さが一際目立った。一人ひとりの参加者が感染防止を考えた上での選択だったのかもしれない。

ライブでは、ヴァンパイア・ウィークエンド(VAMPIRE WEEKEND)、ジャック・ホワイト(JACK WHITE)、ホールジー(HALSEY)の3組がヘッドライナーとして登場、ほかにトム・ミッシュ(TOM MISCH)、ハイエイタス・カイヨーテ(HIATUS KAIYOTE)、フォールズ(FOALS)、ボノボ(BONOBO)、ムラ・マサ(MURA MASA)など、3年ぶりとなる海外勢のステージが繰り広げられ、世界の音楽を伝導してきた『フジロック』本来の姿が戻ってきた。

VAMPIRE WEEKEND (C)Taio Konishi


JACK WHITE (C)David James Swanson


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル