top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

母・戸田恵梨香と娘・永野芽郁、「抱きしめた」「首を絞められた」異なる視点と証言を切り取る 映画『母性』場面写真を一挙解禁

SPICE

(C)2022映画「母性」製作委員会


11月23日(水・祝)公開の映画『母性』から、場面写真が解禁された。

『母性』は、累計発行部数100万部(6月6日現在)を超える、湊かなえ氏の同名ミステリー小説を廣木隆一監督のメガホンにより映画化したもの。女子高校生が自ら命を絶った事件をめぐり、“愛せない母”と“愛されたい娘”の物語を描いた作品だ。

娘を愛せない母親・ルミ子を演じるのは、戸田恵梨香。また、母に愛されたい娘・清佳を永野芽郁が演じる。さらに、ルミ子の実母“お上品なママ”で大地真央、ルミ子の夫の母“口が悪すぎる義母”役で高畑淳子、ルミ子の“無関心父”役で三浦誠己、ルミ子の親友“わけ知り顔女”役で中村ゆり、ルミ子の義妹“依存しすぎ娘”役で山下リオらが出演している。

本作では、母と娘の関係性を、事件にまつわる2人の視点の違いとともに描いているという。解禁された場面写真は、そんな本作を象徴するようなカットの数々。「娘を強く抱きしめた」との母・ルミ子(戸田恵梨香)の証言がある一方で、同じ場面について娘・清佳(永野芽郁)は「母に首を絞められた」と語る。

広告の後にも続きます

(C)2022映画「母性」製作委員会


(C)2022映画「母性」製作委員会


(C)2022映画「母性」製作委員会


(C)2022映画「母性」製作委員会


また、完成した作品を鑑賞した原作者・湊かなえ氏のコメントも到着している。

コメント全文は以下のとおり。

湊かなえ(原作者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル