top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

腹筋崩壊の爆笑ミュージカル・コメディー『ダブル・トラブル』鑑賞ガイド~「ザ・ブロードウェイ・ストーリー」番外編

SPICE

『ダブル・トラブル』、昨年(2021年)の初演より、ジミー役の原田優一(左)とボビー役の太田基裕


ザ・ブロードウェイ・ストーリー The Broadway Story
[番外編] 腹筋崩壊の爆笑ミュージカル・コメディー『ダブル・トラブル』鑑賞ガイド

文=中島薫(音楽評論家) text by Kaoru Nakajima
 

 昨年(2021年)の本邦初演の好評を受け、早くも再演された『ダブル・トラブル』(以下『DT』)。NYから一旗揚げるべくハリウッドにやって来た、ソングライター・チームのマーティン兄弟大活躍の一篇だ。アメリカでの初演は2000年。作品を生み出した、ボブ&ジムのウォルトン兄弟を紹介しつつ、この抱腹絶倒ミュージカルの見どころに迫りたい。

ボブ(左)&ジムのウォルトン兄弟 Photo Courtesy of Bob & Jim Walton



 

■スラップスティック+ソング&ダンス

広告の後にも続きます

 最近日本で上演されたミュージカルで、ここまでスラップスティック・コメディー的要素の強い作品も稀だろう。スラップスティック(ツッコミがボケの頭をひっぱたく際に使用する棒。西洋式ハリセンてな感じか)を語源としたコメディーは、ドタバタ喜劇の名で括られる、いわば身体を張った体技系。サイレント映画時代に一世を風靡したチャーリー・チャップリンや、バスター・キートン、ハロルド・ロイドら、天才コメディアンの諸作を観れば分かり易い。サーカスの綱渡りや、走行中の車から飛び降りて隣の車に乗り移り、果ては高層ビルの壁をよじ登ったりと、スタントマン顔負けの至芸で観客を虜にした。

ハロルド・ロイドの代表作「ロイドの要人無用」(1923年)より


 『DT』の白眉は早替り。ジミー&ボビーのマーティン兄弟が、その他10名近い登場キャラクターを演じ分ける。当然舞台裏はカオス状態で、卓越した運動神経とコメディー・センスが要求される。本作が2000年のアメリカ初演以来、意外なほど上演歴が少ないのもここに起因する。滑って転んでのスラップスティック・コメディーに加え、タップを存分に盛り込んだ、ソング&ダンスをこなせるパフォーマーを見出すのは至難の業なのだ。
 

■「日々のたゆまぬ研鑽と、豊富な経験の賜物であります」

 この難易度大のミュージカルを創作したのが、ウォルトン・ブラザーズ。原案と脚本、作詞作曲のみならず、主演もこなすマルチな才能の兄弟だ。兄のジムは、昨年日本で再演された、スティーヴン・ソンドハイムの名作『メリリー・ウィー・ロール・アロング』のブロードウェイ初演(1981年)で、主役のフランクを演じた人。弟ボブも、『シティ・オブ・エンジェルズ』(1989年)など出演作多し。2人共、達者な芸で鳴らしたブロードウェイのベテランだ。

『メリリー・ウィー・ロール・アロング』初演(1981年)で、フランクを演じたジム・ウォルトン(左端) Photo Courtesy of Jim Walton


 今なお活躍を続けるウォルトン兄弟に、『DT』のメイキングを訊く事が出来たので、ここで簡単にまとめよう。まず発想の元となった作品が、彼らが1998年にオフ・ブロードウェイで観た、『イルマ・ヴェップの謎』というコメディーの再演。2人の男優が、様々な役を演じ分ける爆笑篇だ(日本ではかつて、中村ゆうじと松尾貴史の共演で翻訳上演)。兄ジムは、これをミュージカルでやる事を思い付きボブに話すと、早くも2、3ケ月後には第一稿を仕上げて来た。それをベースに、彼らが演じる事が出来そうなキャラクターを次々に列挙。それが、兄弟の仕事場を訪れるヨボヨボの音響技師ビックスを始め、真紅のドレスに身を包んだ魔性の女レベッカやオタク風助手シーモアら、登場のたびに笑いを誘う世にも奇妙なキャラクターたちだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル