top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

血気盛んな剣戟とふたりの青年の魂の物語が渾然! ムビ×ステ 舞台『漆黒天 -始の語り-』ゲネプロレポート

SPICE

ムビ×ステ 舞台『漆黒天 -始の語り-』舞台写真



2022年8月5日(金)東京・サンシャイン劇場にて幕を開けた舞台『漆黒天-始の語り-』。初日を前に行われたゲネプロの模様をレポートしたい。

※本文記事にはネタバレの要素が含まれています。ご注意ください。

これは、数奇な運命に飲み込まれた双子の物語である。

聡明な妻と愛しい子供たち、そして家族同然の心友や慕ってくれる弟子らと共に日々を平穏に暮らしていた宇内陽之介。あるとき、陽之介の強さを伝え聞いた二郎太と三郎太の兄弟が、自身が営む道場に「兄の仇討ちのために剣を教えてほしい」とやってくる。ふたりの敵は近頃「日陰事変」などと呼ばれるほどに江戸の町で好き勝手暴れているはぐれ者集団・日陰党。しかし、そのお頭の旭太郎は、陽之介とうりふたつであった──!


広告の後にも続きます


幕開け、屈託なく壮健、まっすぐおおらかな陽之介はまさに誰からも好かれ頼りにされるお日様のような存在。演じるのは荒木宏文。柔和な表情と嘘のない言葉がパンっと心に飛び込んでくる“ザ・主人公”のオーラが心地よい。一方、様々な理由で社会からこぼれ落ち、手を汚し、泥水をすすりながら生きながらえてきた者たちを束ねている旭太郎。町へ斬りに出る際は面をつけ、「生まれてから一度も笑ったことがない。いつかお前たちと一緒に笑いたい」とつぶやく。剣の腕は人外級。圧倒的なカリスマ性を纏ったこのダークヒーローもまた、演じるのは荒木宏文だ。生まれてすぐに引き離され、天と地ほどの差の境遇でここまで生きてきた双子を、場面場面で瞬時にしなやかに演じ分けていく。




独自の判断で腕の立つ道場主たちに声をかけ、日陰党討伐の壮絶な闘いを仕掛けていく与力の玖良間士道を演じるのは鈴木裕樹。個性の強いキャラクターが多々登場する中、表裏のない武士らしい武士を正統派の佇まいで表現。意志の強さがきっちりと乗った台詞回しが勇ましかった。同じく武士道を抱き常に身なりを正した精錬さが目を引くのは嘉田蔵近。演じる梅津瑞樹は道場主仲間として、幼馴染として、心友として、常に陽之介の傍で己の信念を貫くストイックなキャラクターを造型。胸の内の熱情激しく、その生き様を剣に乗せた。





不器用で粗野なところもあるが心の綺麗な人情派兄弟・二郎太と三郎太を演じる松田凌と長妻怜央は、デコボココンビの愛嬌もあってコメディリリーフとしても魅力的だった。陽之介の元で確実に“守るための剣”の腕を磨き、やがて本当の意味で剣を振るうことの大切さと人を斬ることの虚しさや哀しさを知り、もうひとつ上の強さを獲得しながら生きることを問うていく精神の成長が胸を打つ。




  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル