top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大声で叫ぶ観客が続出、禁止エリアで喫煙する人も…参加者語るフジロックの“ルール無視”な実態

女性自身

×

大声で叫ぶ観客が続出、禁止エリアで喫煙する人も…参加者語るフジロックの“ルール無視”な実態

今やすっかり夏の風物詩となった音楽フェスティバル。コロナ禍によって20年と21年はほとんどのフェスが中止や規模の縮小を余儀なくされたが、今年は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されていないこともあって多くの音楽フェスが開催を発表。失われた景色が戻りつつある。

 

音楽フェス復活を象徴するのが7月29日〜31日に新潟県・湯沢町の苗場スキー場で開催された「FUJI ROCK FESTVIAL’22」(以下フジロック)。まだ日本に野外音楽フェスが定着していなかった1997年に初開催した日本フェス界の先駆けともいえる存在だ。

 

そんなフジロックだが、コロナ禍により大きなダメージを受けていた。ある音楽ジャーナリストは言う。

広告の後にも続きます

 

「一昨年は開催中止、昨年は史上初めて国内アーティストのみで開催されました。昨夏はデルタ株の拡大によって感染者が急増していたことを受けて、ほとんどのフェスが開催を中止。フジロックはそんな状況下での開催だけに、来場者数を例年の半分以下に絞り、『場内でマスク着用を義務化』『酒類の販売、持ち込み禁止』など様々な制約を設けました。

 

しかし、感染が拡大するなかでの開催は賛否を呼び、直前で出演辞退を申し出るアーティストも少なくありませんでした。さらに開催終了日から2日後に公式HPで、会期中の会場内では陽性者が一人も出なかったと発表し、批判を浴びました」

 

そうして迎えた今年のフジロック。今年3月、事務局は公式サイトで開催にあたり《今年は、いつものフジロックを目指して、皆さんと共に新たなフェーズに挑戦します》と宣言。出演者にも例年通り海外からの名だたるアーティストが顔を揃えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル