top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

B級フード研究家・野島慎一郎の美味しかったカップ麺 月間ベスト5(2022年7月)

ガジェット通信

カップ麺やスナック菓子、ファストフードなどのアレンジレシピを研究する“B級フード研究家”としても活動している、ノジーマこと野島慎一郎です。

いつもガジェット通信ではアレンジレシピを紹介する記事を中心に執筆していますが、普段から研究としてカップ麺をよく食べているので、1か月で食べたカップ麺のなかから個人的に美味しいと感じたカップ麺ベスト5をご紹介しています。

今回は2022年7月のランキングです。新旧問わずに美味しいと感じたものを選んだ個人的なランキングではありますが、皆さまのカップ麺選びの参考にしていただければ幸いです。

第5位:エースコック スーパーカップ大盛り 欲望のブタキム油そば ガリチーブースト

今月も美味しいカップ麺とたくさん出会いましたが、いろいろ考えながら順位をつけて、自分で選んでおきながらも「これをトップ5に入れちゃうか~」と複雑な気分になってしまったのが5位の「スーパーカップ大盛り 欲望のブタキム油そば ガリチーブースト」

まあその名前とパッケージデザインの通り、とにかくお下品極まりなく、ジャンクの頂点ともいえるカップ油そばでございます。でもこの手のカップ麺ってやっぱり食欲をむき出しにできるというか、なんか悔しいけどウマいっていうやつが多いんですよね……。

広告の後にも続きます

この「欲望のブタキム油そば」もまさにそれ。醤油ベースのタレはともかく、仕上げにかける「おいチーソース」がとびきりジャンクで、チーズの香りも強烈だし、かき混ぜると麺の表面はアブラでテッカテカに。

そして食べてみると刺激強めなガーリックの風味が口の中に広がり、さらにキムチの辛さと酸味が追い打ち。この強烈な味が極太フライ麺にガッツリと絡まってくるわけなんですが、フライ麺特有の風味と相性抜群。くそっ、やっぱりなんか悔しいけど、この頭の悪い味がツボにハマってしまう……!!

繊細なスープや茹でたて生麺のようなノンフライ麺とはまったく対極にあるカップ麺だけど、必ずしもカップ麺は本物のラーメンに寄せなくてもいいんだなあと気づかせてくれる一品でした。

第4位:サンヨー食品 サッポロ一番 塩らーめん焼そば レッドキングのレッドホット味

続いてもカップ麺らしいカップ麺です。インスタント麺業界のレジェンド「サッポロ一番塩らーめん」をベースにした塩焼きそば「サッポロ一番 塩らーめん焼そば レッドキングのレッドホット味」を4位に選びました。

「サッポロ一番塩らーめん」なんかは本当にわかりやすい、本物のラーメンとは全然違うけどたくさんの人から愛されているインスタント麺だと思うんですが、今作はその美味しさを見事に継承した一品に仕上がっていました。

湯切りをして粉末ソースを開けると漂ってくるのは完全に「サッポロ一番塩らーめん」と同じ香り。ここでまずテンションが上がっちゃうんですが、仕上げに入れるラー油と唐辛子が結構な量。レッドキングの名の通り、見た目は真っ赤に仕上がりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル