top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヒルトン東京『魔法使いの学校』がテーマ ハロウィーンのダークなお茶会 秋のスイーツビュッフェを開催

GourmetBiz

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、9月9日(金)より11月17日(木)までの期間限定にて『魔法使いの学校』をテーマに贈る秋のスイーツフェアを開催します。

今年のハロウィーンシーズンを盛り上げる魔法が詰まったフェアでは、ヒルトン東京 エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田修(はりたおさむ)が手掛ける20種類のマジカルスイーツに加え、シェフが目の前で切り分ける「ローストチキン ドライトマト・プルーンソース」や、下級生魔法使いが執事としてトレーサービスする海老クリームパイ「ヴォローヴァン」など10種類のお食事を用意。ロイヤルミルクティーステーションやドイツの高級紅茶ブランド ロンネフェルトのティーセレクションを含む約10種類のドリンクに加え、魔女工房のライブステーションでは、パティシエが出来立てスイーツに魔法のようなエフェクトを忍ばせるユニークな仕掛けも。ラウンジに一歩足を踏み入れた瞬間から魔法使いの学校に在籍しているかのような不思議空間と演出の中、無花果や巨峰など、秋の食材をふんだんに用いたスイーツと食事を楽しめるようになっています。料金は一人¥5,000(土・日・祝日¥5,800)で、14時半から17時半までの3部制で毎日開催します。

始業のチャイムと共に魔法使いの学校の門が開き、学生証を受け取ると摩訶不思議な世界がゲストを迎えます。ステンドグラス風インテリアにピアノやバイオリンが勝手に不協和音の音色を響かせる魔法使いの音楽室、魔術の本が山積みにされた図書館、錬金術を学ぶ実験室に加え、エリート魔法使いが集う寮のダイニングルーム風空間には、シェフによるマジカルスイーツと各種お料理が並び、エンターテイメント性溢れる秋のグルメ時間を予感させます。

上級魔法使いのほうきをイメージした「意志あるエリート・ブルーム」は、ヘーゼルナッツのダックワーズにサクサクのプラリネフィアンティーヌとメイプル風味のミルクチョコレートを合わせ、ダークチョコレートで作るほうき風アレンジが印象的です。鮮やかな紫色でたっぷりのブラックベリーを冠した「密約タルト」は、ラベンダー風味のカシスクリームに、キャラメルより濃厚なタフィークリームを合わせ、蝋封印をイメージしました。

マロンコンフィを忍ばせたバニラ風味のチョコレートババロアの上にイタリア産マロンクリームで魔女の帽子をイメージした「オナーズウィッチの証明」、瀬戸内レモンのレアチーズムースの上に焦がしオレンジとはちみつゼリーのクラッシュ、更にチョコレートのレースでまわりを覆った「死者の魂を鎮めないレクイエム」、ザクロの酸味をうつしたキャラメルシロップで煮込んだリンゴが入ったアーモンド香るパンドジェーヌ「新入生を歓迎しないりんごケーキ」、リ・オレのババロアをスペキュロス風味のムースで包み、中に杏子とオレンジのコンフィーやミラベルプラムを配した「ホームシックの新入生に贈る呪文ケーキ」など、バラエティに富んだスイーツが並び目と舌を楽しませます。

広告の後にも続きます

その他にも、フレッシュ無花果をたっぷり冠し、クローブが隠し味の「優等生しか食べられないケーキ」、キャラメリゼしたはちみつのムースをエアリーなチョコレートで包み、胡桃、アーモンド、ヘーゼルナッツやピスタチオがの風味が香ばしい「古のソネット」、マスカットとヴェルヴェンヌのジュレ「錬金術試験の願掛けエナジードリンク」やカラフルなウォーターゼリーを浮かべたピンクグレープフルーツ風味の紅茶のショット「飲めば間違いなくどこかへ行くぞ」などのグラススイーツも揃います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル