top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

嵐・大野智がイタリア料理店オーナーに「成功の条件」と「有名人の店の落とし穴」

アサ芸Biz

 有名人の副業として、真っ先に頭に浮かぶのが飲食店だ。タレントのはるな愛は鉄板焼き屋など複数店舗を経営、お笑いタレントのたむらけんじは焼肉店のオーナーも務めている。

 中でもジャニーズであれば、ネームバリューは抜群だ。アイドルグループ・大野智が、南の島でイタリア料理店のオーナーに就任することを8月3日配信の「女性自身」電子版が伝えた。
 
 記事によると、今秋に知人と共同出資した大野のイタリア料理店がオープン。ある南の島で完成目前のテナントビルに入る予定だという。東京でスカウトした〝スゴ腕〟シェフが料理を担当するようだ。
 
 無類の釣り好きとしても知られる大野は、海がきれいなことで有名な沖縄県宮古島に土地を購入したと過去に報じられている。南の島はどこなのか、具体的には明かされていないが、ネット上でも〝宮古島説〟が流れている。

 宮古島でイタリア料理店を運営しながら好きな釣りを楽しむとは、なんとも優雅な生活。死角はないのか。

「有名人であるがゆえ、宣伝効果は大きいといえます。そのぶん、良い評判も悪評も広がりやすくなります。接客や味が申し分なければ問題ありませんが、今の時代、客の期待を少しでも裏切れば、悪い噂がSNSなどで瞬く間に拡散していきますからね」(グルメ誌ライター)

広告の後にも続きます

 大野自身が店に顔を出すことも成功の秘訣のひとつだという。

「2021年5月配信の『文春オンライン』が、プロ野球・元巨人軍の條辺剛氏が現役引退後に讃岐うどん店に挑戦したことを取り上げています。こちらは本業ですが、飲食店に挑戦するという点では大野と同じでしょう。讃岐うどんの本場の香川県で修行し、埼玉県で開業。県内外からも客が訪れている人気店です。成功の秘訣は〝自分が店に立って作ること〟と語っていました。大野の場合は副業であり、調理担当でもありませんが、たまにでもいいから接客担当として店に顔を出すことが大事。大野にいつ巡り会えるかもしれないと、お客の期待も膨らむはずで、その辺りがお店の成功する大きなポイントでしょう」(前出・グルメ誌ライター)

 ぜひとも接客の〝リーダー〟として頑張ってもらいたい。

(石田英明)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル