top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

過去の敗戦から見る大阪桐蔭の弱点。この夏、絶対王者の牙城を崩すのはこの8校だ!

web Sportiva

“ストップ・ザ・大阪桐蔭”—-昨年秋の明治神宮大会、今年春のセンバツに続き、3冠を狙う大阪桐蔭をどこが倒すのか。第104回を迎える今夏の甲子園の焦点は、ここに尽きるといっていいだろう。


センバツを圧倒的な強さで制し、3度目の春夏連覇に挑む大阪桐蔭

盤石の戦いで大阪を制覇

 3度目の春夏連覇もかかる絶対王者は、大阪大会を盤石の戦いぶりで勝ち上がった。来年のドラフトの目玉といわれる左腕・前田悠伍、センバツ優勝投手の川原嗣貴、春以降の成長著しい別所孝亮ら5投手が登板した投手陣は、7試合でわずか1失点。合計54イニングで安打はわずか20本しか許さず、与四死球は21。1イニング平均0.76人の走者しか許さない計算になる。

 守備も固く、7試合で4失策。走者すら許さず、ミスでピンチを広げることもない。センバツで4試合51得点、大会新記録の11本塁打を記録した打線に注目が集まりがちだが、投手陣は柿木蓮(日本ハム)、根尾昂(中日)、横川凱(巨人)とプロ入りした3投手を擁した2018年(6試合45回37安打7四死球。1イニング平均の許した走者0.98人)を上回る安定感がある。

 もちろん、センバツで相手校を震え上がらせた強打は健在。大阪大会3本塁打のドラフト候補・松尾汐恩を中心に、7試合で打率・371、7本塁打、54得点をマークした。

広告の後にも続きます

 そんな絶対王者に死角はないのか? 西谷浩一監督が率いてからの大阪桐蔭は、2004年のセンバツ以来、甲子園で11敗喫しているが、このうち右投手は5人(駒大苫小牧・田中将大/早稲田実・斎藤佑樹/明徳義塾・岸潤一郎/敦賀気比・平沼翔太/近江・山田陽翔 ※勝利投手は2番手の岩佐直哉)、左投手は6人(常葉菊川・田中健二朗/大垣日大・葛西侑也/県岐阜商・藤田凌司/木更津総合・早川隆久/仙台育英・長谷川拓帆/智弁学園・西村王雅)。対戦数を考えると、左投手を苦手にしているのは一目瞭然だ。

 今年春のセンバツでも、鳴門の左腕・冨田遼弥に8安打3得点と、4試合で唯一のひとケタ安打だった。2018年にも高岡商の山田龍聖(現・巨人)に8安打3得点しながらも11奪三振を喫し、作新学院の背番号10の左腕・佐取達也には5回2安打無得点に抑えられた。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル