top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タイトル未定、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「勝って、メインステージに立って、北海道に帰りたい」

Pop’n’Roll

タイトル未定、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「勝って、メインステージに立って、北海道に帰りたい」

8月5日(金)、6日(土)、7日(日)にお台場・青海周辺エリアにて開催されている<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>(以下、TIF2022)。その注目イベントの1つ<メインステージ争奪LIVE決勝戦>が、本日8月5日18:45〜INUWASI、タイトル未定、パラディーク、Ringwanderungが出演する形で実施される。本記事では、決勝戦を直前に控えたタイトル未定の同ライブにかける意気込みコメントをお届けする。

取材:竹内伸一

ーーついに決勝当日となりました。緊張していますか?

阿部葉菜:
してます! もうみんなで緊張しています。でも、決勝だからって意識し過ぎず、私たちのステージを観てよかったと1人でも多くの人に思っていただけることが、私たちの目指すところかなと思っています。

ーーいつもどおり、気負わずにライブをしたいということですね。

阿部:
そうですね。

ーーでは、タイトル未定らしさというのは、どういう部分だと思いますか?

谷乃愛:
決勝に出場するグループで、地方組は私たちだけなので、北海道のグループだというのも私たちの強みだと思うので、そういう部分も知ってもらえたらいいなと思っています。北海道を背負うつもりで<TIF>に来ているので、勝って、メインステージに立って、北海道に帰りたいです。

ーー決勝を勝ち抜くための秘策はありますか?

阿部:
持ち時間が10分しかないんですけど、曲の尺を変えたりして、できるだけたくさんタイトル未定の魅力が伝わるように工夫をしました。そこは見どころだと思っています。

ーーそれぞれライブではどんなところを観てほしいですか?

冨樫優花:
タイトル未定は、歌を武器にしているグループでもあるので、たくさんの方に歌声を届けたいなと思っています。

阿部:
私たちのよさ、強みというのは仲の良さだと思うんです。遠征でも嫌っていうくらい一緒に生活していて、家族みたいなんですよ。ちょっと話せば、言いたいことが伝わるくらいなんです。それだけ意思の疎通がはかれているグループだと思うので、私たちにしか出せない空気感を観てほしいです。

谷:
歌もダンスも、タイトル未定でしかできないものになっていると思っているので、私たちらしさに注目していただけたら嬉しいです。

川本空:
ファンの方に楽しんでいただけるように、みんなでニコニコ笑顔で頑張るので、よろしくお願いします!

<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>

日程:2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
会場:お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT
特別協賛:にしたんクリニック

TOPICS

ジャンル