top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Ringwanderung、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「心臓が止まらないように頑張ります(笑)」

Pop’n’Roll

Ringwanderung、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「心臓が止まらないように頑張ります(笑)」

8月5日(金)、6日(土)、7日(日)にお台場・青海周辺エリアにて開催されている<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>(以下、TIF2022)。その注目イベントの1つ<メインステージ争奪LIVE決勝戦>が、本日8月5日18:45〜INUWASI、タイトル未定、パラディーク、Ringwanderungが出演する形で実施される。本記事では、決勝戦を直前に控えたRingwanderungの同ライブにかける意気込みコメントをお届けする。

取材:竹内伸一

ーー決勝の時間が迫ってきましたが、ライブを目前に、今の心境は?

佐藤倫子:
今、ライブが終わったところなので、まだなんとも。

辺見花琳・増田陽凪・みょん・寺尾音々:
(口々に)もう緊張しているよ!

佐藤:
人によるみたいです(笑)。私も本番の5分前くらいになったら緊張してくると思います。

ーーどんなライブにしたいと思っていますか?

みょん:
持ち時間10分の中でリンワンのよさが出せるセトリにしたつもりなんです。かなり攻め攻めです! ここまで来たら、ぶちかましてやるぞって思っています。

辺見:
このライブで、メインステージに立てるかどうかが決まるので、悔いのないように、燃えるステージにしたいと思っています。燃え上がるング!って感じです(笑)。

増田:
応援してくださるみなさまのおかげで、ここまでたどり着くことができたので、最後まで気を抜かずに(”ドンッ”と胸を叩く)心臓を叩いても心臓が止まらないように頑張ります(笑)。

寺尾:
決勝でやる曲はすごく悩んで決めました。1年前、2年前の自分たちでは、今日の日を迎えられることを想像もしていなかったので、よい結果が残せるように頑張りたいです。

佐藤:
メインステージ争奪LIVEに出ることが決まった時に、決勝まではまだまだ時間があるな、長いだろうなって思っていたんですけど、気づいたらあっという間で。その間、何をしていただろう?って考えると、練習を頑張っていた、それしかなかったなって思うので、練習を一生懸命やった成果を観せたいです。リンワンはパフォーマンスがいいねって言われるようなライブができたらいいですね。

ーー私のここは見逃さないでというような、アピールポイントはありますか?

みょん:
私はパフォーマンスで命を削るタイプで、寿命が縮まってしまうんじゃないの?っていうくらい鬼気迫るパフォーマンスが自分の売りなんです。実は、今日はちょっと首が痛くて……ムチウチになってしまって。でもそれを逆手に取るというか、首が痛いからこそ、本当に鬼気迫るものが出ると思うので、私が命を削っているところを感じてほしいです。

佐藤:
今日はそれぞれの表現力を観てもらえる曲を選んだので、”今のこの子の顔、いいな”とか、”あの子の今の歌、素敵だな”とか、それぞれに発見があると思います。なので、私たちの魅力を感じてもらえれば。

ーーなるほど。決勝、悔いのないように頑張ってください!

全員:
(口々に)勝ちたいです! 頑張ります!

<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>

日程:2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
会場:お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT
特別協賛:にしたんクリニック

TOPICS

ジャンル