top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

幾田りらのコラボ爆死? ますます進む『YOASOBI』のオワコン化…

まいじつ

幾田りら 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

『東京スカパラダイスオーケストラ』(スカパラ)が7月27日、音楽ユニット『YOASOBI』のボーカル・ikuraこと幾田りらとのコラボ楽曲をリリースした。ネット上での評判は上々だが、残念ながらCDの売り上げは伴っていないようだ。

【関連】あいみょんがさらに美人に?『CDTV』パフォーマンスに「ビジュ爆発しすぎ」 ほか

幾田をゲストボーカルに迎えた最新シングル『Free Free Free feat.幾田りら』は、希求をテーマとした楽曲で、「スカパラ」が奏でる軽快なグルーヴと幾田の力強いボーカルが絶妙にマッチした一曲となっている。

しかし『オリコン』が発表した7月25日から31日の『週間シングルランキング』では、初登場23位と大コケ。推定売上枚数も2823枚で、同ランキングの1位に輝いた『KinKi Kids』の新曲『Amazing Love』の推定売上枚数23万5030枚に比べると、実に10分の1程度という寂しい記録となってしまった。

幾田りらの力及ばず?

広告の後にも続きます

CDの売り上げは振るっていないものの、ネット上では、

《え? すごい良い曲だと思うんだが!》
《ikuraちゃんがまた神曲出してた。これはたまらん》
《最近ヘビロテで聞いてます。個人的にはかなりの良曲。さすがりらちゃんだわ》
《スカパラがアニソンやってるみたいな感じで良いな》
《心掴まれすぎてやばい。りらちゃんすごい! 曲良すぎる涙出る》

などと絶賛する声は少なくない。

「ファンからは好評ですが、最近は一般層の『YOASOBI』人気低迷が囁かれており、また幾田のソロ楽曲は、より人気が落ち込んでいます。せめて今回のコラボが『YOASOBI』名義であれば、もう少し売り上げは良かったのかもしれません。幾田および『YOASOBI』ファンは若年層が多く、また『YOASOBI』の出自なども関係し、ストリーミングサービス、YouTubeで楽曲を聴くのが当たり前の世代が多い印象です。しかし、物事の消費スピードが早い現代では、このままだと幾田も『YOASOBI』も下降線をたどる一方。そろそろ大逆転の一手がほしいところですね」(音楽ライター)

どうしてもオワコン感が否めない幾田。「スカパラ」とのコラボ然り、話題性のあるタイアップをしている印象だが、起死回生の一手とはならないようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル