top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『水ダウ』炎上騒動が飛び火!“吃音症イジり”への抗議に広がる波紋

まいじつ

松本人志 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

NPO法人『日本吃音協会』が8月1日、公式ツイッターを更新。バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』を放送しているTBSに抗議文を送ったことを明かした。

協会はツイッターで《【報告】先日、NPO法人日本吃音協会はTBSに対して7月6日(水)放映「水曜日のダウンタウン」での放送内容に対する抗議文を送りました。件の放送内容は、吃音者に対する差別と偏見を助長するものであり、再発防止と番組制作の基準・指針の見直しを要求しました》と発表した。

【関連】『水ダウ』芸人が大食いで涙声に…「可哀想すぎる」「ほんとやり過ぎ」 ほか

先月6日放送の『水ダウ』では、『説教中の「帰れ!」額面通り受け取るわけにはいかない説』を放送。〝インたけ〟こと地下芸人のインタレスティングたけしが、先輩芸人のチャンス大城から説教されるというドッキリを放送していた。

インたけは言葉が滑らかに出ず、吃音のような喋り方だったのだが、スタジオの『霜降り明星』粗品が「変な奴や」とコメント。また、ナレーションでも「さすがはチャンスの後輩 パンチの効いた男」とイジっていた。

広告の後にも続きます

この内容に放送当時、

《吃音っぽいのをバカにして笑う感じは最悪》
《吃音症ってだけで癖の強い人間っていうのは可哀想》
《吃音当事者として今日の水ダウは不快だった》
《吃音をイジるのはさすがに度を越えてる》

といった苦言が殺到していたのだ。

『日本吃音協会』の抗議にさまざまな声

「吃音協会」はこの内容に苦言を呈したワケだが、今月2日、インたけが自身のツイッターに《またテレビジョン出たい!!》と投稿。必ずしも協会の抗議に賛同しているわけではないことが明らかになった。

「『吃音協会』に注目が集まったことで、公式サイトに《120万人。この数字は日本人の吃音当事者のおおよその総数です。『生まれてこなければよかった。』 この言葉は120万人の人が一度は思った言葉です》と記載されていたことが問題視されました。この〝生まれてこなければよかった〟という文言が大きな話題となり、抗議も多かったのか、8月3日に削除されています」(ネットニュース編集)

一連の騒動はネット上ですぐさま拡散され、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル