top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

有名男性芸能人が「AVスカウト」を副業に!? ガーシー議員が初著書でメガトン暴露

週刊実話WEB

ガーシー議員(C)週刊実話

暴露系ユーチューバーで参議院議員のガーシーこと東谷義和氏の初の著書『死なばもろとも』(幻冬舎)が、7月29日から全国の書店で順次発売されている。

「同書でも、これまでに明かしていない〝新ネタ〟をしっかり暴露しています。中でも、芸能人たちは世間が思っているほど稼いでおらず、ステマなどの〝副業〟でこっそり収入を得ていると説明しているあたりは興味深い。一般読者も、芸能人の収入の実態については知らないでしょうから、それだけでも一読の価値ありですよ」(スポーツ紙記者)

【関連】ガーシー議員“絶対にBANされないSNS”で暴露再開も…「辞職勧告」の恐れ ほか

〝爆弾〟もある。民放キー局の番組でMCを務めている男性芸能人Xについて、『あいつは自分の後輩にAV女優のスカウトをやらせて、女の子を大勢AVに沈めよった』とした上で、『自分は手を汚さない。なのにキックバックだけは後輩からバッチリせしめるんや』などと暴露しているのだ。

「そのタレントの事務所は、若いうちは薄給にもかかわらず、社長の方針で副業はNGなんです。それで、自分なりに稼ぐ術を考えたようですが、これが事実だったら大問題。MCをクビになってもおかしくない」(同・記者)

綾野剛との“和解交渉”

同書の初版は5万部だが、ネットの反響などを見る限り、かなりの売れ行きで、すぐに重版がかかりそうだ。

広告の後にも続きます

7月31日の夜には、同書の編集者である箕輪康介氏のYouTubeチャンネルに出演し、生配信。ガーシー議員は、すでにYouTubeの本チャンネルのアカウントをBANされているが、アカウントが復活したことを報告し、自らのアカウントでもライブ配信を行ったのだ。

「ガーシーは、綾野剛の所属事務所『トライストーン・エンターテインメント』について、複数の仲介者が入って和解交渉を進めていたことを明かし、綾野とも直接電話で話したと明かしていましたね。しかし、事務所社長が煮え切らない態度をとったため、和解を断念。今後も、新田真剣佑、城田優、清水翔太らとともに綾野の暴露ネタもさらし続けることを宣言していた」(芸能プロ関係者)

ガーシー議員は、〝チャンネル復活のカラクリ〟は明かせないとしていたが、結局、8月1日早朝までに新アカウントもBANされてしまった。

「とはいえ、ガーシーにはネットユーザーから入手した1700以上の〝捨てアカ〟がある。まだまだ〝無差別暴露テロ〟で世間を震撼させてくれると思うよ」(同・関係者)

8月3日には参議院議員としての初登院日を迎えたが、ドバイ滞在中のガーシー議員は当然ながら欠席。これまで、数々のピンチを乗り越えてきたガーシー議員の国会での活動も注目されている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル