top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「現代のキリン」はなぜ首が長いのか…イノベーションを起こす“意外なヒント”

幻冬舎ゴールドオンライン

今、日本政府や多くの企業が「産官学の連携強化」や「イノベーティブな組織づくり」を謳い、意図的にイノベーションを起こそうとしています。しかし、イノベーションは起こそうとして起こるものではありません。本稿では「生物の進化」を例に、イノベーションとは何か、イノベーションを起こすには何が必要なのかを考察します。

イノベーションと「生命の進化」の共通点

■「連続的な小さな変化の積み重ね」によって起こる

さまざまなイノベーションの歴史が明らかにしているのは、それが試行錯誤の積み重ねによる漸進的な進化だということです。これはまさに、人間を含む生物界で有史以来続いている生命の進化の原理そのものです。これまでのイノベーションがどのようにして生まれたのか、その経緯を緻密な考証で明らかにした科学啓蒙家のマット・リドレーも、イノベーションを「人間バージョンの自然淘汰」と表現していました。

生命の進化も、連続的な小さな変化の積み重ねです。突然羽が生えて飛んだり、魚が海から上がってその日から陸上生物になったり、いきなり首の長いキリンが生まれたわけではありません。

いうまでもなく生命の基本単位は細胞です。受精卵が細胞分裂を繰り返し、個別の組織や器官へと成長します。また成長した個体の中でも膨大な数の細胞が毎日失われ、それに見合った数の細胞がつくられています。

こうした細胞分裂は細胞内にある染色体の中のDNAに記された遺伝情報を基に、正確にコピーがつくられていきます。ところがこの遺伝情報の複製の過程で、エラーが起こることがあります。紫外線や化学物質などによるDNAの損傷や、細胞分裂のプロセス中に起こる何らかの異常が原因です。

広告の後にも続きます

これが変異です。細胞はエラーを修復するメカニズムを備えているので、実際の変異はごくまれにしか起こりません。しかしいったん起こるとつくるべきタンパク質を変え、細胞の生物学的な機能をも変えてしまいます。しかもこの変異は、多くは使い物にならないものだとみなされ、また淘汰をくぐり抜ける確率は極めて少ないものの生き残れば世代を超えて受け継がれていきます。

世代を超えて受け継がれた変異が、その生物にとってより環境への適応をもたらすものであれば、変異したグループが支配的になり、これが種の進化につながります。

進化して生き延びるか、絶滅するか

地球の歴史を46億年前から現在までという長期的な視野で俯瞰すれば、環境はいろいろな要素によって常に変動しています。

例えば地球は約10万年ごとに暖かくなったり、寒くなったりということを繰り返していることが知られており、その度に海水面の高さは100メートル以上も変動したと考えられています。

当然、海の一部が浅瀬になったり湿地帯になったりして陸地面積が大きく変わったことは、海中の生物が陸上に適応していくきっかけをつくったに違いありません。逆に海水が少しずつ増えていった時代であれば、なるべく海岸から遠いところに卵を産むほうが、水に浸らず生き残る可能性が高まります。

また、火山の大爆発があり巨大な隕石の衝突もありました。それによってある生物種が何らかの理由で異常に繁殖し、生態系のバランスが崩れるということもあったはずです。それは従来の食物連鎖を崩し、生物の生息環境を大きく変えたかもしれません。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル