top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

最高時速50キロのオンボロ車でスーパーカーを追う 「ステラ SEOUL MISSION」公開決定

映画スクエア

 「あの日、兄貴が灯した光」のクォン・スギョンが監督、「完璧な他人」「エクストリーム・ジョブ」のぺ・セヨンが脚本を務めた映画「ステラ SEOUL MISSION」が、11月11日より劇場公開されることが決まった。

 「ステラ SEOUL MISSION」は、韓国で1980年代に一世を風靡した自動車「ステラ」が活躍する映画。取り立てには労を惜しまない自動車金融業界のエースのヨンベだったが、ある日ボスであるソ社長に任されたスーパーカーが、親友のドンシクの運転によって消え去ってしまう。スーパーカーを奪った犯人と疑われ、ソ社長たちに追われ始めるヨンベ。頼れる人も逃げ場所もない彼の前に現れたのは、父が遺した1987年型の古びた自動車“ステラ”だった。残された時間が3時間しかない状況の中、最高時速50キロのステラに乗ったヨンベは、スーパーカーを見つけ出そうとする。

 監督は韓国で298万人動員を記録した「あの日、兄貴が灯した光」を手掛けたクォン・スギョン。脚本は、世界各国でリメイクされた「完璧な他人」を手掛け、韓国で1,000万人の動員を突破した「エクストリーム・ジョブ」を脚色したペ・セヨンが担当している。主人公ヨンベを演じるのは、「応答せよ1994」のほかバラエティでも活躍するソン・ホジュン。ヨンベを窮地に追い込む親友ドンシクを「刑務所のルールブック」のイ・ギュヒョン、手下とともにヨンベを追うソ社長に「イカゲーム」のホ・ソンテが務める。

 公開された予告編の冒頭で映し出されるのは、最高時速50キロのオンボロ車”ステラ”に乗り込んだ主人公ヨンベ。車内でヨンベがステラへの不満をこぼすと、まるでヨンベの不満を聞いているかのようなタイミングでステラは不具合を起こす。さらに、親友ドンシクが上司であるソ社長のスーパーカーを持ち逃げしたことや、ヨンベが土下座をするもののバラバラにされトランクに詰め込まれそうになる様子も描かれている。

【作品情報】
ステラ SEOUL MISSION
2022年11月11日(金)よりシネマート新宿他にて全国ロードショー
配給:ファインフィルムズ
©2022 Daydream Entertainment & CJ ENM All Rights Reserved.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル