top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

AKB48メンバーの中の“ウソツッキー”は誰だ 演技&駆け引きで「仲が悪くなりそう」<バッチこーい!>

WEBザテレビジョン

AKB48メンバーの中の“ウソツッキー”は誰だ 演技&駆け引きで「仲が悪くなりそう」<バッチこーい!>

8月7日(日)の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月2回日曜夜11:30-0:00、チバテレ)では、8月7日が「バナナの日」ということで、「ウッキウキ!ウソツッキー!」を送る。

吉川七瀬、清水麻璃亜、高橋彩音、左伴彩佳のレギュラー陣に加え、坂口渚沙、服部有菜、吉田華恋の7人は、耳と尻尾を着けた、バナナ好きのサルとなって登場。「ウッキー!」と元気よく叫んで盛り上げる。

今回の企画は、さまざまなゲームに挑戦する中で、メンバーの中に潜んでいるうそをつく“ウソツッキー”を見つけ出す。ゲームを成功させないようにわざと失敗したりするウソツッキーを、他のメンバーが誰なのか見抜けば1ポイント、見抜けなかったらウソツッキーが3ポイント獲得となる。

“園長”鈴木拓から「ウソツッキーは必ずゲームを失敗するとは限らない。そこも含めて誰がウソツッキーなのかを当ててください。人狼的なゲームでございます」と説明を受けると、メンバーたちは「ウッキー!」と意気込みを見せる。ウソツッキーは、鈴木が引くくじで決まる。

最初の挑戦となるドミノ並べは、一人5個ずつ並べて行き、3分以内に100個並べればクリア。最初に倒してしまった清水を吉田がウソツッキーじゃないかと怪しむが、そんな吉田も「よくしゃべる」と疑いの目を向けられる。

続いてのゲームは、お題に合わせて全員が同じポーズを取れればクリアとなる「おサルのポーズ合わせましょう」。「ゴリラのポーズ」では、左伴一人だけ違うポーズに。「チームKの時、このポーズをやった」とチームKの楽曲「ウッホウッホホ」の振り付けであることを訴えるが、「自信のない目をしている」という清水を皮切りに、「違うならもっと否定するはず」(吉田)、「一人だけボディービルダーみたいだった」(坂口)など、全員から疑われてしまう。

ほか、20回連続を目指す「大縄跳び」にも挑戦するも、犯人探しでは複数のメンバーが疑われる展開に。高橋の「全身筋肉痛なの、年齢と体の問題」という訴えで、スタジオが笑いに包まれる一幕も。

勝利のバナナを手にするためメンバーたちは奮闘。本物のウソツッキーは、他のメンバーたちから「怖~い」「仲が悪くなりそう」などの声が上がるほど、駆け引き、演技などを駆使してうまく潜む。

※高橋彩音の高は正しくは「はしご高」

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル