top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、驚愕の“悪球”打ちで122メートルの豪快弾! 「かち上げた!」実況興奮も視聴者から「今のインコース打てる?」驚嘆の声

ABEMA TIMES

【MLB】エンゼルス7-8アスレチックス(8月4日・日本時間5日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場し、7回にこの日2本目となる24号ソロを放った。大谷の1試合2ホームランは今季5度目。見送れば明らかにボールであろうインコースの難しいボールだっただけに、解説者や視聴者から驚きの声が上がった。

【映像】大谷、悪球を仕留めた完璧24号ソロ

 5-8と3点ビハインドで迎えた7回、エンゼルスは先頭の代打フレッチャーが死球で出塁するも、続く1番ウォードがフルカウントから併殺打に倒れてしまう。2死走者なしとなって打席には1回に23号の先制ホームランを打っている大谷。大谷はアスレチックス3番手スニードの投じた2球目、内角に来た変化球をフルスイングすると、打球はライトスタンドに飛び込むこの試合2本目のソロホームランとなった。

 左投手が投げた、体近くの明らかなボール球を狙いすまして打ったホームランに、ABEMAの実況も「インコースのボールをかち上げました!」と大興奮。解説を務めた紀田彰一氏も「完璧でしょう、これは。すごい上手な打ち方しましたよ」と称賛すると、「狙っていい場面で、狙って打てる。すごいです」と舌を巻いた。

広告の後にも続きます

 視聴者からも「完璧!!」「最強か?」「めっちゃボール球w」「今のインコース打てる?」「すごいスイングだ」「マジで惚れる」「祭りじゃ祭りじゃ」「わっしょい!わっしょい!」など興奮コメントが殺到。一方で、この試合に出たエンゼルスのホームランがすべてソロで、このホームランもソロだっただけに「ゲッツーなかったら」「ダブルプレーじゃなかったらなぁ」といった声も見られた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル