top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【DDT】少林寺拳法出身の新人・正田壮史が8・14後楽園でDDT史上最短デビュー 「しっかりと結果を残したい」

プロレス/格闘技DX

【DDT】少林寺拳法出身の新人・正田壮史が8・14後楽園でDDT史上最短デビュー 「しっかりと結果を残したい」

 新人・正田壮史(まさだ・たけし)が3日、都内で会見し、元KO-D無差別級王者・HARASHIMAを相手に破格のデビュー戦となる8・14後楽園大会へ向けて「早いからといってナメられるようではダメ。しっかりと結果を残したい」と意気込んだ。

 正田は大阪府堺市出身の20歳。身長180センチ、体重84キロで、高校3年時に少林寺拳法でインターハイ3位になった逸材。大学を休学して今年5月、DDTに入門したばかりで、3ヵ月でのデビューはDDT史上最短となる。

 高木三四郎社長によると、正田はもともと10代プロジェクトに応募したが、まだ関西の大学に在学中で、コロナ禍のため話が中断していたという。その後、大学を休学して新人募集に応募。本人の覚悟も並々ならぬものがあり、入門を許可したという。高木社長は「入門して1ヵ月くらいでコーチから『もうデビューできる実力とスキルを持ってます』と言われて。動いてるところを見たんですけど、本当にビックリしました。一日も早くデビューして、一日も早くプロレスに慣れて、一日も早くトップを目指してもらいたい。DDTは若い選手が中心になって、もっと盛り上げていかないといけない。これから正田荘史がどのようなプロレス人生を歩むのか、本人次第ですけど、会社としても私としても期待して育てていきたい」と大きな期待を寄せた。

 しかもデビュー戦の相手は元KO-D無差別級王者でもあるHARASHIMA。正田は破格の扱いで初マットを踏むことになる。「3ヵ月という短い期間でデビューさせていただくことに感謝するとともに、早いからといってナメられるようではダメ。しっかりと結果を残したいと思ってます」と初陣へ向けて意気込み、「HARASHIMAさんがデビューした年と、僕が生まれた年が一緒で驚いたんですけど。プロレスラーになって戦うとなったときには、そこはもう関係なしに、しっかり若さで圧倒してぶつかっていけるようにしたいと思います」と目を輝かせた。

 中学2年の時に、飯伏幸太の試合を動画で見てプロレスに興味を持った正田は、その後、路上プロレスやヨシヒコの試合などを見て、DDTのプロレスにどっぷりはまったという。「これから2週間しっかり練習していきたいと思ってるんですけど、高校で3年間やってきた少林寺拳法の技をプロレスに派生できたらと思っています」と誓う正田に、胸を貸すHARASHIMAも「3ヵ月でデビューはすごいね。練習と試合は全く違うと思うけど、遠慮せずなんでもやってほしいね。楽しみにしてるよ」とのコメントを寄せた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル