top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

名塚佳織&Adoが語り合う、二人一役で作り上げた“歌姫”ウタと「ONE PIECE」への熱い想い

MOVIE WALKER PRESS

名塚佳織&Adoが語り合う、二人一役で作り上げた“歌姫”ウタと「ONE PIECE」への熱い想い

7月で連載開始25周年を迎えた大ヒットコミックの、劇場版アニメ15作目となる『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)。原作者の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める本作でキーパーソンとなる、シャンクスの娘で世界的な歌姫“ウタ”は、ボイスキャストを名塚佳織が、歌唱キャストを歌い手のAdoが担当し、二人一役で新たなヒロインに命を吹き込んだ。ウタを演じるうえで、芝居と歌唱に「違和感」が生じないことを意識したという2人がどのようにキャラクターを作り上げていったのか、独占インタビューで尋ねた。

■「“違和感のないように”が一番意識したところ」(名塚)

――台本や資料から物語の全体像をどのようにイメージしましたか。

名塚「台本の前に、ウタの幼少期の設定資料やウタの年表をいただきました。尾田先生のイラスト入りだったのですが、そこからウタの雰囲気やどんな人生を送り、いまに至るのかを知ることができたので、台本の段階から物語に入りやすかったです。ですが、同時にみんなに影響を与えているウタという存在を演じるのはものすごく責任重大で、プレッシャーを感じました。いつもならいちファンとして『ONE PIECE』の世界に入り込んで楽しめるのですが、重要な役で作品に関わってしまったことにより、責任の一部を担っていると思うと、正直フラットな感覚では台本を読むことができませんでした(笑)」

Ado「設定資料があったので、幼少期のウタがどんな子だったのか、とてもイメージしやすかったです。台本を読んだ時には、ウタがシャンクスの娘であるという事実に『えーっ!』と驚きました。それこそ、みなさんが驚いていたのと同じ感じです (笑)。音楽をテーマにすることで、また新しい『ONE PIECE』の魅力が生まれると想像するだけでワクワクしましたが、私も名塚さん同様、作品の一部、しかも世界で愛されている歌姫の歌唱パートという大役に対しての責任を強く感じ、本当にすばらしいものを作らなければいけないというプレッシャーがありました」

――ウタを作り上げるうえで、どのようなアプローチをしていったのでしょうか?まったく違和感がなく、2人で演じられていることを忘れてしまうほどでした。

名塚「“違和感のないように”が一番意識したところなので、そういう感想は本当にうれしいです。私はAdoさんがウタとして歌う時の音域を参考にさせていただきました。かなり低い音から高い音まで使われているという印象がありましたが、私は地声が高いので興奮するとどうしても声が高くなりがち。感情的になるシーンでのセリフは、Adoさんが高い声で歌唱している部分を参考にしました。同じ高い音でも裏声を使うところもあれば、地声で発しているところもあってすごく興味深かったです。セリフに地声の雰囲気を取り入れることができたら、しゃべりと歌唱の切り替わりが違和感なく表現できると思い、監督と相談しながらウタの声を探していきました」

Ado「私は先にレコーディングしていたので、むしろ名塚さんに合わせていただいた形です。ウタはこんな歌い方でいいのか、行き場のない不安を抱えつつ、違和感が生まれないように、Adoが強すぎないようになっていればいいな、という思いのなか、歌いました。歌唱と芝居に違和感がなかったという感想を聞いてホッとしました。名塚さんのおかげだなと改めて感謝しています。ありがとうございます!」

名塚「いや、こちらこそありがとうございます、です。先に歌を収録するのは本当に難しかったと思います。Adoさんが自信を持って歌ってくださっていたからこそ、ブレずに歩み寄ることができたと思っています。芝居と歌唱をちょっとずつ録っていたら、どちらに寄り添えばいいんだろうとブレてしまったかもしれません。『ウタはこれで行きます!』という指針があったので、私はすごく助かりましたし、だからこそ同じ方向に進めた気がしています」

Ado「うれしいです、本当によかったです…。名塚さんのウタのお芝居のあとに、私の歌声が流れ、また名塚さんのお芝居に戻るという、一連の流れになったものを初めて聴いた時は、すごくビックリしました。知らない自分がそこにいるような感覚というのでしょうか。名塚さんのお芝居が入ったことでウタがキャラクターとして完成したと感じ、そこでようやく安心しました。同時に、『ウタ、めちゃくちゃいいキャラクターだ!』と思いました」

■「好きなキャラクターしかいないので、イチオシを言えないのが残念」(Ado)

――キャラクターを通して通じ合っている印象を受けます。おふたりはお互いにどのような印象を持っていましたか?

名塚「私の10歳の娘が、Adoさんのことが大好きで!」

Ado「ありがとうございます!うれしいです」

名塚「なので、楽曲も聴いていましたし、学校のお友達の間でどんなふうに話題になっているのかもたくさん聞いていました。オーディションの段階で、歌唱はAdoさんが担当すると聞いていたので、事前にいろいろ楽曲なども聞かせていただきました。Adoさんは“いまの世の中を生きる強い女の子”というイメージがあったのですが、お話しているものを聞いてみると自分に自信がない部分もあったりするのかなと思ったり。強気な楽曲も多いのに、等身大の悩みもあって、すごく不思議な方だと興味が湧き、いつかお話してみたいなと思っていたので、今日は本当にうれしいです」

Ado「私はアニメが大好きなので、名塚さんが出演しているアニメもたくさん観ていました。私が大好きなのは『のんのんびより』の宮内一穂役や『To LOVEる -とらぶる-』の古手川唯役で、どちらもとても可愛らしい女の子。ウタとはまったくタイプの違う女の子だったので、今回、完成した映画を観た時は、印象がガラリと変わってびっくりしましたし、なにより演技のすばらしさに圧倒されました。いまふと思ったのですが、中学、高校時代にタイムスリップして、名塚さんが出ているアニメを観ている自分に『未来ですごいことが起こっているよ』と教えてあげたいです!」

――お2人にとって『ONE PIECE』とはどのような作品ですか?

名塚「青春です!学生のころに原作がスタートしたのですが、まずはルフィのかっこよさに惹かれました。最初に好きになったキャラクターはナミ。ナミのエピソードで一気に『ONE PIECE』の世界に引き込まれました。本当に素敵で強い女性なのに、涙をいっぱい流しながら助けを求め、それに対してルフィが手を差し伸べてくれる。『なんて胸アツなんだ!』と、どんどんハマっていきました」

Ado「すごくわかります…」

名塚「そこからはもう虜。新しいエピソードが出るのを楽しみに待って、読んで、を繰り返して、最終的にはサンジに恋をしていました」

Ado「アハハ!」

名塚「最初はいけ好かない感じがして、異性としてはむしろ嫌いなタイプ。実際にいたら付き合いたくないと思っていたけれど気づいたら目で追っていたし、ダメな部分もかわいく感じてしまうんです。『ONE PIECE』は、どのキャラクターにもいろいろな物語がありますし、仲間が一緒に一歩を踏みだすところも本当に素敵で、いつ何回読んでもパワーをくれる作品です」

Ado「私はいまだに好きなキャラクターが決められないんです。全員魅力的だし、超がつくほど個性的なところもすごくよくて。ほとんどのキャラクターが自分と同い年か年下なのに、どこか達観していて強い信念を持っているところにも惹かれます。あと、仲間だけでなく敵キャラの描かれ方もとても素敵です。どうして悪の道に走ったのか、その信念や思考も理解できると感じることもよくあります。好きなキャラクターしかいないので、イチオシを言えないのが残念です(笑)」

――本作のテーマについて、お2人それぞれの注目してほしいポイントを教えてください。

名塚「仲間や家族、絆を描いてきた『ONE PIECE』のなかでも、今回の映画は“家族の絆”が特に強く、濃く描かれています。家族は近い存在だからこそ、直接伝えられないことがあったり、わかっているだろうという前提でやりすごしたりしてしまうこともあります。でも、だからこそいろんなことを話し、伝えなければいけないんだなと考えさせられます。よかれと思ってやったことも、相手にとっては実は…みたいなことってありますよね。相手を思って選んだ道のために、すれ違ってしまうもどかしさのようなものが込められた作品です。そんな想いが伝わるとうれしいです」

Ado「ウタはかわいらしさと力強さ、優しさも兼ね備えていて、その存在が私たちの背中を押してくれるし、いつもみんなのことを考えている魅力的なキャラクターです。まずはウタの魅力を存分に堪能してほしいです。名塚さんがおっしゃったような本作で描かれているテーマは、私たちが生きている現実世界にも当てはまります。だからこそ、ウタというキャラクターが映画のなかだけでなく、現実世界でもいろいろな人に愛されて、生きていってほしいと願っています」

取材・文/タナカシノブ

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル