top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【甲子園「注目投手」10人】 世代ナンバーワンの呼び声高い日本文理・田中が筆頭格。大阪桐蔭の川原&前田の二枚看板も必見<SLUGGER>

THE DIGEST

×

【甲子園「注目投手」10人】 世代ナンバーワンの呼び声高い日本文理・田中が筆頭格。大阪桐蔭の川原&前田の二枚看板も必見<SLUGGER>

8月6日に開幕する全国高校野球選手権。高校生のドラフト候補にとっては最後の大きなアピールの場となるが、特に注目に値する投手を10人ピックアップした。

●森谷大誠(札幌大谷3年/172cm・82kg/左投右打)
 今夏に急浮上してきた本格派サウスポー。上背はないものの、たくましい体格から投げ込むストレートはコンスタントに140キロ台中盤をマークする。札幌地区予選、南北海道大会の6試合すべてに登板し、39イニングを投げて自責点3と見事な成績を残した。今年の南北海道は他にも好投手が多かったが、甲子園での活躍次第ではドラフト指名も見えてくるだろう。

●森本哲星(市立船橋3年/175cm・72kg/左投左打)
 春までは背番号2ケタだったが、夏はエースへと成長し、チームを甲子園出場に導いた。ストレートは130キロ台後半程度と驚くような速さはないが、肩の可動域が広く、球持ちが長いため数字以上にスピードを感じる。腕を振って投げられるスライダー、チェンジアップも打者の手元で変化する。下位打線を打つことが多いが打撃も非凡で、千葉大会では10打数7安打を記録。トータルで見た時に素材の良さが光る。
 ●田中晴也(日本文理3年/186cm・92kg/右投左打)
 世代ナンバーワンとの呼び声もある大型右腕。昨夏の甲子園では初戦で大敗を喫したものの、最速147キロをマークして注目を集めた。新チームになってからは安定感が増し、この夏の新潟大会でも34回を投げて自責点はわずかに1。準決勝では自己最速となる150キロもマークしている。また、3番打者としても注目度が高い。投手&野手含めて今大会最注目の一人と言える存在だ。

●有馬伽久(愛工大名電3年/175cm・75kg/左投左打)
 東海地区を代表する左腕。昨年に比べて身体つきが明らかに大きくなり、ストレートは最速147キロをマークする。丁寧にコースを狙いすぎて球数が多くなるのは課題だが、四死球などで自滅するケースは少ない。愛知大会では準決勝でロングリリーフ、決勝でも完投と体力面での充実ぶりも見せた。大学進学が濃厚と噂されるが、貴重な本格派左腕だけに、4年後にはドラフト上位候補になると期待できそうだ。
 ●山田陽翔(近江3年/175cm・78kg/右投右打)
 昨夏はベスト4、今春は準優勝と甲子園での実績は十分。真上から投げ下ろすフォームで上背以上にボールの角度があり、この夏は最速149キロをマークするなど順調にスピードアップも果たしている。昨秋から今年のセンバツ、春の近畿大会と怪我に苦しんでいるが、この夏は他の投手の成長もあり、登板を抑えられたのもプラス要因。監督が全幅の信頼を置く気持ちの強さも大きな魅力である。

●森下瑠大(京都国際3年/179cm・76kg/左投左打)
 世代ではトップクラスの実績を誇るサウスポー。センバツはコロナ禍でまさかの出場辞退となり、その後はヒジを痛めた影響もあってまだ復活途上だが、京都大会ではさすがの投球を見せた。スピードはそこまで目立たなくても、流れのスムースなフォームで楽に腕が振れ、コントロールと投球術は高校生離れしたものがある。甲子園で本来の調子を取り戻すことができれば、一気に評価を上げる可能性が高いだろう。
 ●川原嗣貴(大阪桐蔭3年/188cm・85kg/右投右打)
 今年大きく成長した大型右腕。センバツ優勝の原動力となり、それ以降は層の厚い投手時でも背番号1を背負っている。長いリーチを生かした豪快な腕の振りが特徴で、140キロ台のストレートは高めも低めも打者の手元で勢いが落ちない。大柄だがコントロールも安定しており、牽制やフィールディングなど、投げる以外のプレーも上手い。大阪大会では10イニングの登板に終わったものの、甲子園では投手陣の中心として期待がかかる。●前田悠伍(大阪桐蔭2年/180cm・78kg/左投左打)
 来年のドラフト目玉候補の一人と見られている本格派左腕。落ち着いたマウンドさばきと、打者を手玉に取るような投球術はとても下級生とは思えず、センバツでも見事なピッチングを見せた。春の近畿大会決勝で敗れた悔しさをバネに、夏は最速148キロをマークするなどさらにスケールアップ。ここ一番の勝負所で起用されることも多く、川原とともに投手陣の中心的存在であることは間違いないだろう。

●武元一輝(智弁和歌山3年/187cm・88kg/右投左打)
 投打に抜群のスケールを誇る大型右腕で、昨夏の甲子園では1イニングの登板ながらも最速148キロをマークした。秋までは不安定な投球も目立ったが、この春は明らかに安定感が増し、近畿大会決勝では大阪桐蔭を相手に見事なピッチングを見せて公式戦の連勝を止めてみせた。堂々とした体格からコーナーいっぱいに投げ込む140キロ台中盤のストレートは威力十分。軽々スタンドに放り込む打撃にも注目だ。
 ●日高暖己(富島3年/184cm・77kg/右投左打)
 九州ナンバーワンの呼び声高いピッチャーだ。山本由伸(オリックス)を彷彿とさせるフォームから投げ込むストレートは最速148キロをマークし、数字に見合うだけの勢いが感じられる。大型の本格派だが、コントールも決して悪くない。宮崎大会では2回戦からの4試合を1人で投げ抜き、スタミナも申し分ない。接戦でも走者を背負った場面でも落ち着きがあるのも持ち味だ。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】【甲子園「注目野手」10人】松尾&渡部の大型捕手に、 高松商・浅野、“村上弟”らが登場<SLUGGER>

【関連記事】【甲子園「注目投手」10人】 日本文理・田中や智弁和歌山・武元らドラフト候補性に加え、大阪桐蔭2年左腕も必見<SLUGGER>

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル