top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【甲子園「注目野手」10人】高松商・浅野と大阪桐蔭・松尾を絶対に見逃すな。“村神様”の弟・慶太のパワフルな打撃にも期待<SLUGGER>

THE DIGEST

×

【甲子園「注目野手」10人】高松商・浅野と大阪桐蔭・松尾を絶対に見逃すな。“村神様”の弟・慶太のパワフルな打撃にも期待<SLUGGER>

 8月6日に開幕する全国高校野球選手権。高校生のドラフト候補にとっては最後の大きなアピールの場となるが、特に注目に値する野手を10人ピックアップした。

●山浅龍之介(聖光学院3年/捕手/175cm・82kg/右投左打)
 東北を代表する強肩強打のキャッチャー。2.00秒を切れば強肩と言われるセカンド送球は1.8秒台をマークし、センバツでも見事なスローイングを披露した。打撃も春から夏にかけて力強さがアップし、福島大会では4割を超える打率をマーク。甘いボールはスタンドに運ぶ長打力も備えている。センバツでは2試合で2安打のみに終わっただけに、夏はその悔しさを晴らす活躍に期待したい。

●松尾汐恩(大阪桐蔭3年/捕手/178cm・76kg/右投右打)
 世代ナンバーワンの呼び声高い強打の捕手。キャッチャーとしては細身に見えるが、リストの強さと振り出しの鋭さは圧倒的で、軽々とスタンドに運ぶ力がある。昨年秋の明治神宮大会決勝、春のセンバツ決勝と大事な試合で力を発揮するのもプロ向きと言える。キャッチングにまだ不安は残るものの、フットワークと地肩の強さは抜群。攻守の要として春夏連覇達成のキーマンとなるのは間違いない。
 ●渡部海(智弁和歌山3年/捕手/179cm・79kg/右投右打)
 旧チームからの不動の正捕手で、昨年夏の全国制覇にも貢献。新チームになってからスローイング、バッティングともに力強さがアップし、近畿では松尾と並ぶ存在と言える。この夏も決勝で2本塁打を放つなど、さらにスケールアップしたところを見せた。捕手出身の中谷仁監督の信頼も厚く、攻守ともに安定感が光る。春の近畿大会に続いて大阪桐蔭との対戦となれば、松尾との捕手対決に高い注目が集まることになるだろう。

●佐倉侠史朗(九州国際大付2年/一塁手/182cm・104kg/右投左打)
 九州を代表する巨漢のスラッガー。センバツでも力強い打撃を見せて注目を集めた。夏前に調子を落として打順も下げられていたが、大会が始まると見事復調。7試合で打率5割、3本塁打、17打点と圧倒的な成績を残している。バッティングはパワーだけでなく柔らかさがあり、左方向にも大きい当たりを打てるのが持ち味。守備、走塁はまだまだだが、打撃に関しては下級生ながら全国トップクラスの選手だ。
 ●村上慶太(九州学院3年/一塁手/190cm・94kg/右投左打)
 村上宗隆(ヤクルト)の実弟。兄に比べると中軸に定着したのは遅く、ここまで大きな大会での実績も乏しいが、体格と打席での雰囲気はよく似たものがある。特に、力任せではなく軽く振って遠くに飛ばせるのは得難い長所で、長距離打者としてのポテンシャルは高い。甲子園での活躍次第では、一気にドラフト候補としての評価を上げることも考えられるだろう。

●緒方蓮(横浜2年/遊撃手/169cm・69kg/右投右打)
 入学直後から不動のショートストップを務め、昨夏の甲子園では逆転サヨナラホームランを放つ離れ業もやってのけた。フットワークとグラブさばき、捕球から送球の流れなど守備に関しては下級生とは思えないレベルにある。また、小柄だが決して打撃は小さくなく、しっかり振り切って広角に強い打球を放つ。この夏の神奈川大会でも7試合で14安打を放ち、トップバッターとして打線を牽引した。
 ●戸井零士(天理3年/遊撃手/181cm・83kg/右投右打)
 今年の高校球界を代表する強打の遊撃手。下半身の強さを生かし、少し重心を下げた構えが特徴。タイミングをとる動きに無駄がなく、しっかりとボールを呼び込むことができる。ホームランはそれほど多くないが、強く引っ張った打球は迫力があり、長打力も申し分ない。守備も重心が安定したフットワークで安心感は抜群。今年は内野手にドラフト候補が少ないだけに、甲子園での活躍次第では高い順位でのプロ入りも期待できるだろう。●海老根優大(大阪桐蔭3年/外野手/182cm・85kg/右投右打)
 中学時代から評判の強肩強打の外野手。センターから見せる返球は一直線でサード、ホームへ届き、地肩の強さはプロでも上位レベル。また、大型だが脚力も申し分なく、ベースランニングも迫力十分。打撃に波があるのが課題で、選抜後は調子を落としていたが、夏の大阪大会は4割近い打率を残して復調を印象付けた。身体的なポテンシャルが高いだけに、早くからプロで鍛えたい素材である。

●浅野翔吾(高松商3年/外野手/171cm・85kg/右投右打)
 野手では松尾と並んで最注目の選手。昨年夏の甲子園でも、智弁和歌山戦で見事な一発を放ち、全国にその実力をアピールした。171cmと上背はないものの、大きい構えから全身を使ってスウィングでき、打球を飛ばすコツをよく知っている。脚力と肩の強さも抜群。この夏も厳しいマークのなかで打率.571、3本塁打としっかり結果を残した。レベルの高い投手との対戦でどんな打撃を見せてくれるかに注目だ。
 ●黒田義信(九州国際大付3年/外野手/180cm・72kg/右投左打)
 高いレベルで三拍子揃った九州を代表する外野手。センバツでも3試合で7安打を放ち、ミート力とパンチ力、脚力も見せつけた。前でさばくようなスイングで、広角に鋭いライナーを放ち、スタンドに放り込むパワーも備えている。春は物足りなかったスローイングもこの夏は力強さがアップした。新チームではセンターだが、下級生の頃はサードを守っていた経験があるのもプラス材料と言えるだろう。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】【甲子園「注目野手」10人】松尾&渡部の大型捕手に、 高松商・浅野、“村上弟”らが登場<SLUGGER>

【関連記事】【甲子園「注目投手」10人】 日本文理・田中や智弁和歌山・武元らドラフト候補性に加え、大阪桐蔭2年左腕も必見<SLUGGER>

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル