top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

すごかった「渋野さん」も刺激に 山下美夢有は21歳初ラウンドに「90点」

ゴルフ情報ALBA.NET

すごかった「渋野さん」も刺激に 山下美夢有は21歳初ラウンドに「90点」

<AIG女子オープン 初日◇4日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

8月2日に21歳の誕生日を迎えたばかりの若い力が、スコットランドの名門リンクスで快進撃の予感を漂わせた。初の海外メジャーという大舞台。だがそこでも現在日本ツアーで賞金ランク1位に立つ山下美夢有は、持てる力を発揮している。


ラウンド後、記者から『ナイスプレー』という言葉をかけられると、「ほんとにナイスプレーでした(笑)。よかったです」と満面の笑み。4バーディ・2ボギーの「69」で、2アンダー・10位タイという滑り出しには、自分で「90点」と高評価を与えることができた。「予想外だった」という強い雨が降るなか、午前組の一人としてスタート。英国の洗礼ともいえるような、目まぐるしく変わる天候と、強風のなかでも集中は決して切らさない。

見せ場は2アンダーで迎えた17番。「乗るとは思わなかった」という2打目が、グリーン前の下り傾斜で流され、ピンの右6メートルにつくイーグルチャンスが訪れる。「風も強くてしっかり打てなかった」と、ファーストパットは決まらなかったが、楽々バーディを奪った。最後はボギーでの上がりになってしまったが、それを補って余りあるような内容の濃い一日だった。

午前組ということもあり“猛威をふるった”というほどではなかったが、やはりリンクスを戦ううえで風は難敵になる。しかしそれも練習ラウンドでの予習で乗り切った。「(午後組で回る)明日も風対策をして、チャンスが来たら獲れたらいいかな」。よりタフになることも予想されるが、しっかりと準備をして立ち向かうつもりだ。

『-10点』とした部分は、後半のショットの精度。「縦距離がずれていた。しっかりショートゲームで寄せてはいたけど、なかなかショットがつかなくて。そこを修正して合わせていきたいです」。グリーンを狙うショットを生命線に、今季国内でメジャーを含む2勝(通算3勝)を挙げてきただけに、わずかな狂いも見逃しはしない。

後半リーダーボードを眺めた時、「渋野さんがすごかった(笑)」と先輩プロの活躍も刺激になった。首位でプレーを続け、初日に6アンダーをマークした2019年覇者の背中も追って、なんとか上位に食らいついていきたい。「ここで誕生日を迎えられてよかったです」。6月の「宮里藍 サントリーレディスオープン」優勝でつかんだ全英チケットが、いいバースデープレゼントになったと言えるような活躍を続けたい。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル