top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ただ“普通の恋”のはずなのに、誰もがその恋に涙した…名作の感動ふたたび。映画「真白の恋」の朗読劇化決定!コメントあり

DI:GA ONLINE

ただ“普通の恋”のはずなのに、誰もがその恋に涙した…名作の感動ふたたび。映画「真白の恋」の朗読劇化決定!コメントあり

2022年秋、東京・富山で『「真白の恋」~世界で最も美しい湾―朗読劇』の上演が決定した。

「真白の恋」は2017年に富山県射水市(新湊)を舞台に映画化。港町を舞台に、軽度の知的障がいのある主人公・真白(ましろ)の初恋を描いたこの作品は、様々な問題に直面しながらも前向きに人生を歩んでゆく人々の姿を描きつつ、富山の魅力も伝える珠玉の感動作となっている。

2022年、多くの評価と感動を得た「真白の恋」を原案に朗読劇化される。
映画でも原作・脚本を務めた北川亜矢子がふたたび脚本を担当し、土田英生が演出を担当、主人公・真白役には初めての朗読劇となる早見あかりが主演。真白にとって初恋の相手となる・油井景一役には浦井健治と廣瀬智紀によるダブルキャスト、さらには愛加あゆ、西村まさ彦、と豪華出演陣を迎えてお届けする。

「普通ってなんだろう」
ただ“普通の恋”のはずなのに、誰もがその恋に涙した「真白の恋」の朗読劇化に期待したい。

■出演者・脚本・演出からのコメント

早見あかり (渋谷真白)
初めての朗読劇です。新たなチャレンジへの期待と同時に〝声〟や〝言葉〟だけで何かを伝えることの難しさに不安も抱いています。とにかく真摯に芝居に向き合って、真白と共に自分も成長できたらと思います。ぜひ劇場にお越しください。

広告の後にも続きます

浦井健治 (油井景一 / ダブルキャスト)
まずは、今回、早見あかりさんと久々にご一緒出来るのが光栄です!現場やスタッフさん、そしてお客様のことを常に考えていて、その持ち前の明るさに助けられたのを覚えています。舞台となる富山は何度か公演で訪れた事がありますが、自然豊かで食事や温泉、楽しく過ごした記憶があります。そんな富山を舞台としたこのような朗読劇に参加させて頂けることの有り難さと共に、富山の魅力をお届けできる時間になるよう大切に、読ませて頂ければと思います。

廣瀬智紀 (油井景一 / ダブルキャスト)
油井を演じさせていただきます廣瀬智紀です。
素敵なキャストの皆さんとご一緒できること、今からワクワクしております。
全幅の信頼を寄せる皆さんと繊細であたたかいこの物語を大事にお届けします。
物語の舞台(富山)にも行かせていただきます。とても楽しみです。

愛加あゆ (渋谷雪菜)
このお話を頂いた時、私の愛するふるさと富山が題材という事でとても興味深く、その富山での公演もあるので私自身も今からとても楽しみにしています!
心温まるストーリーですので、是非沢山の方に観に来て頂きたいです。劇場にて心よりお待ちしております!

西村まさ彦 (渋谷晴臣、愛犬タモ)
氷見市芸術文化館のオープニングシリーズに、お声がけくださいまして誠にありがとうございます。この新たな一歩は、氷見市、富山県に留まらず、広く文化芸術に寄与されることと思っております。微力ながら私も、お客様に喜んでいただける作品作りのお役に立てればという思いです。

北川亜矢子 (脚本家)
これまでの人生で、私が最も影響を受けた人物は、軽度知的障がい者である、実の弟です。自分の運命を受け入れ、足るを知り、粛々と生きる彼をモデルに、8年前、映画「真白の恋」を書きました。この大切な物語を、朗読劇として、再びお届けできる機会を頂き、大変光栄に思っております。楽しんで頂けると幸いです。

土田英生 (演出家)
朗読劇のイメージがつかめない方も多いと思います。しかし、れっきとした舞台のジャンルで、最近ではその魅力がようやく認められてきました。氷見を舞台とした「真白の恋」が朗読劇としてどのようになるのか?ご期待ください。

■応援コメント

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル