top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

黒崎真音、REBOOT完了!カッコよさもかわいさも大幅にパワーUPし、ステージに戻ってきた

DI:GA ONLINE

黒崎真音、REBOOT完了!カッコよさもかわいさも大幅にパワーUPし、ステージに戻ってきた

MAON KUROSAKI LIVE2022『-REBOOT-』 2022年7月31日(日) Spotify O-EAST

こちらの心配を軽くぶっ飛ばすほどパワフルで、カッコよさもかわいさも増し増し。どのステータスも最強になった黒崎真音が、ついにステージに戻ってきた!

7月31日、東京・Spotify O-EASTにて<MAON KUROSAKI LIVE 2022『-REBOOT-』を開催した黒崎真音。フルバンドを従えてのワンマンライヴは、じつに3年半ぶり。その間、コロナを含め、自身に起こった壮絶なるアクシデントを次々と乗り越え、やっとたどり着いたこの日のステージ。止まっていた黒崎真音の再起動を告げるように、ライヴは暗闇に心音が響くところからスタート。ステージに心電図を写した映像が流れ、ドクン、ドクンという音からこの日のオープナーの「LIMIT BREAK」が始まると、黒崎が“叫べ!In My Soul!”と叫ぶ。自分を信じていくぞと高らかに宣言するような、勇ましく戦いの狼煙をあげる黒崎の歌に、姿に感涙。続け様に「Gravitation」をすぐさまドロップ。爆音とともに、黒崎の攻撃的な歌が襲いかかってくる。これにフロアを埋め尽くした満員のオーディエンスは激しい盛り上がりで応戦していき、場内は冒頭2曲を終えた時点ですでに熱気が膨れ上がっている。「みなさーん、おまたせ致しました」と笑顔でフロアに手を振りながら、まずは黒崎が短い挨拶を告げる。「今日は手を叩いたりペンライトを振ったり足を鳴らしたりして、最後まで付いてこれますか?」とフロアを煽ったあとは「JUNCTION」へ。ここからは、後方いっぱいに広がるアニメとリリックをフィーチャーした、ど迫力の映像を背負いながら、ノンストップで曲を繰り出していく。アニメ『グリザイアの楽園』のOP曲「刹那の果実」は、もちろんイントロから観客一丸となった猛烈な盛り上がりで会場の温度をさらに上げていく。黒崎自慢のノンストップで畳み掛けるスピーディーなヴォーカルワークと、“僕らが掴んだ今を恐れないで”という歌詞で、どこまでも心拍数を上げていったあと、ヘヴィな「SCARS」を叩きつけると、歌とパフォーマンスの様子は激変。表情はどんどん危うげになり、声も動きも妖艶さを増していく。そうして曲が「A.I.D」へ突入すると、黒崎は床に座り込んでリリックを主体としたポエトリーリーディング風の歌で、黒崎ワールドのダークゾーンの奈落の底へとサウンドとともに、観客を引き連れて墜ちていく。その奈落の底の崖っぷちで歌い上げた「“lily”」のすさまじいほどの緊迫感を帯びた絶唱は、黒崎自身の心の叫びのようで、観客たちは息をするのも忘れて立ち尽くし、すごい集中力で彼女の歌に没入。

曲が終わると、スクリーンには逆回転する時計が映し出される。時を過去に戻して、始まったのはあの「Chocolate_Cosmos」だった。この曲はいまは亡き盟友・神田沙也加と黒崎が組んでいたユニット、ALICesの楽曲。それをこの日はMVの映像とともに、神田のヴォーカルをそのまま生かした状態でステージでデュエット。聴いているだけでもメランコリックな気持ちが溢れ、胸が締めつけられる。まるで「私があなたの分まで歌い継いでみせるから」とでもいうように。黒崎が心の奥底にある本音をファンに打ち明けていくようなドラマチックなシーンだった。天井から伸びたピンスポットが彼女をそっと照らすなか、バラード「Black bird」を”まだここにいていいのかな“と嘆き、囁くように歌ったあとだった。黒崎が静かにマイクを天に掲げると、穏やかな光が彼女をふわりと包みこむ。そうして歌い出したのは「体温-I’ll be my side forever-」だった。これが、本当に胸に沁みた。二人出会えた奇跡が思い出になっても、忘れたりしない、これからは”貴方からもらった現世(いま)を輝かせて生きてく“と歌う彼女は凛とした姿で、その声はいままで聴いたどの歌よりもやさしさで満ち溢れていて、温かかった。MCで言葉にしなくとも、彼女の想いと意志が、曲を通してリアルに伝わり、場内に大きな感動が広がっていくなか、黒崎は一旦ステージをはける。

そうして、バンドメンバーがソロでつないでいくインストプレイを挟み、猫耳と赤い布を持った黒崎が、再びオンステージ。すると、場内の空気はここからいっきにパーティーモードに! オーディエンスとともにタオルを回し、ハートマークを作る「LOVE O JETCOASTER」、キュートなダンスをみんなで踊る「peko peko peach♡」では曲中、生声の「好きだよ♡」のセリフがもらえて観客全員がキュン死。「立て続けにやってきたけど、体力大丈夫?」と、自分のことよりも観客を心配してフロアに声をかける黒崎。このあとバンドメンバーの紹介を挟んだあと、今回のセットリストについて「いろいろ考えたんだけど、元気なのが良いでしょってことで、テンション上がる曲をこの後も」と伝えたあと「次は私の曲の中でもブチ上げ曲を」といって始まったのは、ライブに欠かせない攻撃的なキラーチューン「Red Alert Carpet」。コール&レスポンスで声が出せないところは、代わりにジャンプや腕を振り上げ、3.2.1は指でカウントしたあとタオルを左右に振るところまで、全員一致のアクションで場内のテンションは爆上がり。黒崎が赤いスティックでシンバルを叩きまくる「UNDER/SHAFT」でさらにフロアを熱く煽り立てたあと、デジタルなビートでのせていくEDMアレンジの「X-encounter」が始まると、フロアにはジャンプの嵐が巻き起こっていった。

広告の後にも続きます

このあと、黒崎から「去年はたくさん心配をおかけしました。この通り、元気です。待っていてくれたみんなのお陰で今日を迎えられました」と改めてお礼の言葉が伝えられると、場内からは盛大な拍手が沸き起こった。「あれから生まれ変わったような気持ちで、新しい私の一面とかあるかもしれないけれど、これからも仲良しでいてね」と伝え、「私にとって始まりの曲を」といって「君と太陽が死んだ日」の歌唱へ。とんでもないパワー、そしてとんでもなくエモーショナルな歌声。後半最後、魂を揺さぶるような圧巻のパフォーマンスで全員の心を鷲掴みにしたあとは「みんな、まだ騒ぎ足りなくない?」とオーディエンスを煽り、本編ラストに「VANISHING POINT」をぶちかます。ここでオーディエンス全員が一斉に波を打つような絶景をフロアに作り出し、本編はフィニッシュ。

場内にはすぐさまアンコールを求めるクラップが鳴り響く。スクリーンに“特報”という文字が浮かび上がり、ここで彼女が初めて長年の夢だった原作・原案を手がけた音楽劇『ジェイド・バイン』の舞台上演が決まったことが告げられた。そうして、その主題歌となる新曲「Singularity」をいち早く披露。歌い終えたあと、フロアに座って「やっと発表できたよ」と彼女は笑顔を浮かべる。そうして、去年硬膜外血腫で倒れ、手術をしたことについて語り出した。その手術は大変大掛かりなものだったこと。術後、鏡でつぎはぎだらけの自分を初めて見たとき「これ治るの? 誰がこんな私の歌を欲しがるんだ…私は邪悪品だ」と思い、もうそのときは「終わらせよう」と思っていたことを告白。「“絶望”ってやつですね」と彼女は当時の心境を振り返った。舞台『ジェイド・バイン』は、そのときの黒崎をドキュメンタリーのように映し出した作品なのだという。さらにこの後、舞台に出演するキャストを紹介する映像が流れると、彼女はホッとしたような表情を浮かべ「これでやっと、あったかいお知らせができたね」とファンに向かって微笑んだ。そして「次はあったかい曲を。ずっとみんなに届けたかったメッセージです」といって「Wishful☆Garnet」をアクト。メジャーコードが多めの曲のなかで“一緒にいるから”“この願いを届けてください”と歌うと、スクリーンいっぱいに黒崎の顔のアップが広がった。歌い終わった彼女から「まだお知らせがあるんです。でも今日はいえないんです」という報告が伝えられると「なんだよ」と客席から不満の声が漏れると、それに対して「悪ぃな」と悪びれる様子もなく返答する黒崎に「これこれ」というリアクションで喜ぶ観客たち。舞台の前に腰掛けた彼女は「次の曲で終わりなんだけど、どうしよう?」と友達のようにフロアに話しかけると「いやだー」というように、即座にオーディエンスは足を踏み鳴らして大きな音を響かせる。そうして、最後はやはりあの曲「メモリーズ・ラスト」を歌ったあと「ただいまー!」といって曲を締めくくった彼女。「皆の笑顔が世界で一番大好きだよ! これからも一緒に笑おう そして今日の歌を忘れないでね ずっとそばにいるよー!!」と彼女が書いた手書きのメッセージがスクリーンに映し出される。その後フロアから一斉に“おかえりなさい Thank you”と書いたスローガンを上げるというサプライズに彼女は「この景色は絶対に忘れません」と観客を讃える。そして「みんなのお陰で黒崎真音、REBOOT完了しました。これからも頑張っていきますので、どうぞついてきて下さい」という言葉を残し、最後にフロアにキスを投げてステージを去っていった。

こうして、REBOOTを終えた黒崎真音。

今後は自身の原作・原案による音楽劇『ジェイド・バイン』公演、さらには近日発表になるお知らせも含め、2022年下半期の活動には大いに期待して待っていて欲しい。

SET LIST

01.LIMIT BREAK
02.Gravitation
03.JUNCTION
04.刹那の果実
05.SCARS
06.A.I.D
07. “lily”
08.Chocolate_Cosmos
09.Black bird
10.体温-I’ll be my side forever-
11.LOVE O JETCOASTER
12.peko peko peach♡
13.Red Alert Carpet
14.UNDER/SHAFT
15.X-encounter
16.君と太陽が死んだ日
17.VANISHING POINT
EN.1 Singularity
EN.2 Wishful☆Garnet
EN.3メモリーズ・ラスト

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル