top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ペドロ・アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演 『パラレル・マザーズ』11月3日公開決定

Real Sound

『パラレル・マザーズ』(c)Remotamente Films AIE & El Deseo DASLU

 ペドロ・アルモドバル監督の最新作『Parallel Mothers(原題)』が、『パラレル・マザーズ』の邦題で11月3日より日本公開されることが決定した。

 参考:【写真】ドレス姿のジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス

 本作は、偶然同じ日に母となった二人の女性の数奇な運命と不思議な絆、そして家族の愛と絆を描いたヒューマンドラマ。第94回アカデミー賞では主演女優賞と作曲賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞(非英語映画賞)や英国アカデミー賞の候補にも選出された。

 フォトグラファーのジャニス(ペネロペ・クルス)と17歳のアナ(ミレナ・スミット)は、出産を控えて入院した病院で出会う。共に予想外の妊娠で、シングルマザーになることを決意していた二人は、同じ日に女の子を出産し、再会を誓い合って退院する。だが、ジャニスはセシリアと名付けた娘と対面した元恋人から、「自分の子供とは思えない」と告げられる。そして、ジャニスが踏み切ったDNAテストによって、セシリアが実の子ではないことが判明。アナの娘と取り違えられたのではないかと疑ったジャニスだったが、激しい葛藤の末、この秘密を封印し、アナとの連絡を絶つことを選ぶ。それから1年後、アナと偶然に再会したジャニスは、アナの娘が亡くなったことを知らされる……。

 主人公ジャニス役で主演を務めたのは、『オール・アバウト・マイ・マザー』『ボルベール〈帰郷〉』『ペイン・アンド・グローリー』などでアルモドバル監督とタッグを組んできたペネロペ・クルス。想定外の妊娠に戸惑う17歳のアナ役には、長編映画2作目の出演となるミレナ・スミット、そして「母性本能がない」と自称するアナの母親テレサ役に、『マシニスト』のアイタナ・サンチェス=ヒホンがそれぞれ扮した。

広告の後にも続きます

 クルスが演じたジャニスというキャラクターについてアルモドバル監督は、「緊張感やドラマがあり、これまでにないような主人公を描いた。ジャニスは、ペネロペが私の監督作やその他の作品で演じた中で最も難しい役であり、おそらく最も心を痛めた役だろう。結果として、彼女が演じる役はいつもそうだが、今回も本当に素晴らしいものだよ」と語っている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、赤色(アルモドバルレッド)を背景に、ジャニスがアナを抱きしめている姿が切り取られ、タイトルでもある“パラレル”=平行するボーダーが交差し合うデザインとなっている。また、「その絆が愛を変える。」というコピーも添えられている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル