top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロeスポーツチームと共同開発したメガネフレーム&コンタクトレンズが発売に

Real Sound

プロeスポーツチームと共同開発のメガネフレーム&コンタクトレンズ

 株式会社ビジョナリーホールディングスの中核事業であるメガネ・コンタクトレンズ・補聴器の小売を全国展開する株式会社VHリテールサービスは、プロeスポーツチームである「忍ism Gaming」との共同開発で、eスポーツに特化したメガネフレームとコンタクトレンズを、メガネスーパー他、全国のビジョナリーホールディングスグループの全店舗及びメガネスーパー公式通販サイトにて販売することを発表した。

【画像】ギミック満載のメガネフレーム

 同社は、生活に欠かせない様々な電子デバイスが流通する超近視時代である現在、アスリートの中で一番眼を酷使していると言われるプロeスポーツ選手と様々なアイケアに関する取り組みを推進していく一環として「忍ism Gaming」監修のもと、ゲーミングに特化した2タイプのメガネフレームを企画・開発。

 プロeスポーツ選手のゲーム環境や眼を徹底的に調査した結果とヒヤリングをもとに、ゲームの集中力向上のため縁が視界を邪魔しないデザインや、快適なフィット感とズレにくさを実現する超弾力性素材とグリップラバーモダンの採用、さらにヘッドセットに干渉しない「ヘッドセットモード」への切り替えができるギミックを搭載するなど、機能、デザイン、サイズ感、重量やカラーにいたるまでとことんこだわった、ギミック満載の製品を作り上げた。

 さらに、eスポーツでは対象物にすばやく視線を移動する必要があることから、eスポーツに必要な視機能(瞬間視、動体視力)をしっかりサポートするコンタクトレンズも開発。開発された「アイコントロール」は競技中に瞬間的な視力低下を招くことがあるコンタクトレンズのズレを最小限に抑えるレンズ形状設計を採用し、眼球追随性(※1)に優れたコンタクトレンズとなっている。(リアルサウンドテック編集部)

広告の後にも続きます

(※1)ここでの眼球追随性は、視力が安定しやすい、装用感がよい、その結果、まばたき回数が減少されることを特性としている。

TOPICS

ジャンル